現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

希望の持てる新年を迎えたい

f51g

意味不明な記者会見
28日の16年度最後の知事会見を見させて頂いた。相も変わらず意味不明の会見内容であった。意味不明のみならず報道記者たちの質問に対し、真剣に答えようとしていない。その上、田中知事が長野県知事としての判断、考え方を求めた質問にもほとんど答えていない。答えていないと言うよりも、県知事としての自覚と思考感がまるでない。答えを逆に質問をした報道記者に求めている。なんと愚かで情けない県知事なのかと感じざるを得ない。報道関係記者もかなり辛抱強いなと思った。反面この姿が県議会に対してもそっくり同じことかと思ったら、むしろ怒りを覚えてきた。しかもホームページ上では質問者の記者名が書かれ、田中知事の欄が『信州知事・田中康夫』と書かれている。いつか指摘しようと思っていたが、いつから長野県が信州県になったのか。特に固有名詞は正しい文言で記すべきであろう。事業名や長野県を象徴するような宣伝等には、信州・信濃など使用はされても信州知事は存在していない。秘書広報チームは直ぐに訂正するべきであろう。

充実感あふれた議会活動の一年であった
 平成16年があと2日で幕を閉じ、新しい年を迎えようとしている。あっという間の一年であったように思える。考えてみれば、住基ネットから始まり、泰阜村を巻き込んだ住所問題、特定任期付職員、県職員による事故等の扱い方・処理・自己責任、経営戦略局の権限集中化に関する事業のあり方、山口村の越県合併まで、数え始めればきりがないほど田中知事を中心として引き起こされた事ばかりである。無意味な知事の行動により県も県議会も、無用な時間を費やし引きずり回されてしまった感がある。これらに関する議会活動は、ただ空しさと虚脱感さえ感じ、素直に喜べない一年であった。それら以外の議会活動は充実感あふれる、実り多き一年であったと思える。県職員の諸君には調査活動や県議会活動の中で、大いに議論を戦わせ県民のための施策論争してきたことに感謝申し上げたい。必ずやそのことが県民のための施策として、近い将来00事業と活字となって現れてくることであろう。期待したいものだ。また、充実した年となった要因は他にもある。志昂会の面々の努力は勿論自己評価の中でも高い点数を上げるべきとは思うが、先輩県議の皆さんが私たちの議会活動に対し、温かく迎え入れてくれたことと、温もりのあるご指導・ご助言を頂いたことである。心から感謝を申し上げたい。先輩県議と対等の立場で議論が戦わせることができ、時に私たちの意見も聞き入れてくれることも少なくなかった。少なからず封建的な議会村を県民は想像するだろうが、実態は大きく改善されている。逆に長野県知事と県職員の関係は、信頼関係は喪失され、政策的にも大きくかけ離れている事が判明されている。私たちは来る年も220万県民の福祉向上を願い、一層田中知事とも県政上の論戦を大いに戦わしていきたい。知事に置かれても課題の焦点をはぐらかさないで、真剣に対応していただきたいと願うものである。報道機関の皆さんも含め多くの県民の皆さん、勇気と活力を頂いた後援会の皆さんに感謝を申し上げ、引き続きの叱咤激励賜わりますことをお願い申し上げ、希望の持てる新年を迎えたいと思います。一年間ありがとうございました。よいお年をお迎えください。