現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

おめでとう山口村 越県合併を総務相が決定

 山口村越県合併が遂に決定した。複雑な思いであるが心からお喜びを申し上げ、今後の希望あふれる新市発足に向けて躍進を期待したい。県議会も異例な議員提案をし関連議案を議決したことが、ようやく結実できたことは大変うれしく思う。しかも予定されていた2月13日の合併が決定されたことは何よりである。ここに至るまで県担当職員が見通しの付かない中においても、国と連絡を取りながら書類を整理され準備してこられたこと、国も異例とも思える早い事務処理をしていただいた結果であろう。それぞれに改めて感謝を申し上げたい。知事の意向と異なる事務処理を行うことは、大変な心労と勇気が必要であったことであろう。山口村の皆さんには静かに温かく岐阜県へ送ってやりたい。

 山口村村民のケアが注目されているところだが、私はもちろん協力は惜しむつもりはないが、大事なことはまず山口村の皆さんが、それぞれ知恵を出し合い創意工夫されていくことが、「しこり」や「わだかまり」を解消していくことにつながるものと思う。わが人生の将来を決断した大人の判断に対し、必要以上に口出しすることなく、意を異にした人たちを含め地域の皆さんが、誠意をもって新しい地域づくりの協働作業をしていただくことを見守りたい。一日も早く『しこり』をなくし、新中津川市の市民となれることを心から期待したい。
 私が加藤村長に素直な喜びの気持ちを、本日メールで遅らせて頂いた。恥ずかしながらここに掲載し、私の心境を皆さんにもお伝えしたい。

平成17年1月18日
山口村村長 加藤 出様
 
長野県議会議員 総務警察委員会
  副委員長 髙見澤敏光


寒冷のみぎり、加藤村長さんにおかれましては、このたびの越県合併に対しまして、大変なご心労であったこととお察し申し上げます。昨年来何度も県庁へお運び頂きご苦労様でございました。
この度は貴村と中津川市の越県合併について、麻生総務相が昨日決定され2月13日の合併が確定となり、新中津川市誕生が決まりました。誠におめでとうございます。加藤村長さんをはじめ村職員の皆さんや、市脇村議会議長さんや村会議員の皆さん、そして山口村村民の皆さんのお慶びが目に映るようでございます。長い間ご迷惑をおかけいたしましたが、加藤村長さんを先頭に村民の皆さんの粘り強く、熱い思いを法は正しい判断を下してくれたものであります。熱心に時間をかけ村民の民意をまとめられ、民主的に進められてこられた加藤村長さんの行政手腕に改めて敬意を申し上げます。私どもも苦渋の上でありましたが、異例な議員提案により越県合併関連議案を議決いたしたことが、実ることができ心から喜びに堪えないものであります。
長野県議会と致しましても皆さんの新中津川市に向けてのサポートは惜しむつもりはありません。今後もご支援をさせていただく所存でありますが、あくまでも村を上げて新市の地域づくりの中で、自らの知恵を出されていくことが『わだかまり』の解消にもつながることと思われます。加藤村長さんには引き続き山口村の融和に向けご尽力いただくことになりますが、更なる重責を果たされまして村民の気持ちを一つにまとめられますことをご期待申し上げます。
岐阜県中津川市となられますが木曽路は一つです。今後とも長野県との連携を蜜にしていただきまして、ともども今回の合併が後世に喜んで語り続けられる合併となりますようお祈りいたす次第でございます。よろしくご指導をお願いいたします。
山口村の皆さんが新中津川市となられ、ますますのご発展とご繁栄を心からご祈念申し上げ、一言お祝いの気持ちをお伝えさせていただきます。

追伸 大山耕二中津川市長さんにもよろしくお伝えください。