現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

 総務警察委員会による「情報公開問題集中審議」は、4日をかけて審議をしてきたが、疑問をすべて解明することはできないまま、今後も慎重審議をするとしてとりあえず第1幕を閉めた。そもそも、知事の後援会幹部から県職員への働きかけを記録した文書を、報道機関が公開請求したのに対し、公文書は不存在としたことに知事が関与したかに端を発した。また知事に知事部局以外の実施機関(議会・教育委員会など)に対する情報公開請求書も届けられていたことなど、「ガラス張りの県政」と言いながら密室政治・独裁政治を繰り返している知事の姿勢が問われたのである。
  本日の委員会でも感じた結論は、口裏あわせで嘘の連発だけであったということだ。情報公開問題の審議をしているというより、知事擁護の弁解をするために結果合わせをしているだけに感じた。田中県下水道公社理事長(当時専務理事)は、今まで岡部氏が提示した文書(以後Aと記す)は全く見たことも無い。しかも、県が提出した文書(以後Bと記す)を見て、これは公社の職員に作成させたものだ。とはっきり言っていたのに対し、今日は一転して「A文書は公社職員(当時の小林繁夫理事)が作成し、B文書は私が作成した。」と今までの答弁を360度逆転し訂正したのである。そのB文書は問題となっている「知事後援会幹部が働きかけをしていると思われる発言のやり取りの部分」を、自分が削除して作成したといいながら、小林理事が作成したA文書は後日になってから作成したものだとも言っている。なぜ削除してまでも作成しなければならなかったのか納得いく答えはなかった。自分が一部削除したといいながら(B文書)、元であるA文書を後で作成したなど、全く辻褄があわなすぎる。
 
 更に当時の下水道課長の田附氏にB文書を渡し、A文書はあとで渡したといっているが、実際にA文書に田附氏の印が押印された文書が、それぞれ回覧され岡部氏の手元に渡っている。A文書であろうがB文書であろうが田附氏に渡ってから、その文書がどのように処理されたのか分からずタイムスリップしてしまっている。そのうちに2つのファイルから見つかった文書はB文書であったのである。私は電話で当時下水道課職員であった職員に聞き取り調査をした。A・B両方の文書をFAXで移動先の職場に送り見てもらった。即返ってきた答えは「見た文書はA文書です」とはっきり答えてくれた。どうしてA文書ですかと聞いたら、B文書に削除されていた部分が間違いなくありましたからA文書です。と答えてくれた。それなのにファイルに収まっている文書はB文書である。

 田附氏も当初AとBの文書を見比べて、はっきりB文書は見たことがあるが、A文書は見たことが無いと答弁していたのである。しかしA文書に田附氏の押印された文書が実在したと報道されたら、自分の印が押されていたのだから「見たことが無いとはありえない」とわけの分からないことを言っている。そのうえ当初はA文書を見たこともないとまで明言していた。それなのにA・Bどちらの文書であろうが、それらの文書が自分の手元に来てからの扱い方、文書の行方はさっぱり分からないという。北原元秘書も同様にある部分ははっきり覚えているのに、核心に触れる部分は記憶がないという。真相の解明というより問題のスタートから不明朗な答弁で終始してしまっている。
 
 調査の相手が一番怖い田中知事であるために正直に答えられないであろう事は、職員であるだけに理解できないことはないが、一部の職員だけで情報を共有し、ガラス張りでない密室的な陰湿県政がまかり通っている事実を、県民のためにも明らかにするよいチャンスであるはずだ。質問している相手がその共有している一部であれば答えは出てこないかもしれない。いずれにしても、それらの関係者の発言や記憶が違いすぎること。2つの文書の存在や県の公文書の信憑性、知事後援会幹部による働きかけの有無、忙しい中調査してくれたが調査結果の信憑性、などなど多くの疑問や疑念があるが、総務委員会としては知事の出席を求め、答えを引き出す段階まで達していないと判断せざるを得なかった。明日からの本会議での代表質問や一般質問を通じ、それらが解明できることを願うが、今後も引き続き調査をすることとした。
 
  ただこの委員会で明確な答えを出さなかったことが、今後出したくもない驚くべき事実が出てくる恐れは十分ある。電子自体に突入している現在、電子メールなどを通じ一部の職員だけがわが世の天下人のつもりでいて、まじめな他の職員が仕事の意欲をなくすようなことが、これ以上続くことは長野県のためにも不幸なことである。この際しっかり良識のある者(県議会議員・県職員・自治体首長・県民)全てが、本当のガラス張り県政を取り戻すべきであろう。

|

 田中知事後援会幹部による県下水道公社などに、働きかけたことを記録した文書等の情報公開請求に対する不明朗な経過を質す、総務警察委員会の集中審議が本日で3日目となった。県から提出された文書と岡部参考人から提出された文書が、文面も活字も違っていたことを質したが、当時の下水道課長であった田附参考人は17日の委員会では、一目見ただけで岡部参考人が提出した文書は見たことが無いと明言していた。それがその日の夕方には岡部参考人が提出した文書に、自分の「田附」印が押してあったという事実が判明した。今日の委員会の冒頭に事実を認め謝罪をしたが、分からなければそのまま通すつもりであったのか。あまりにも議会を軽視するばかりでなく、知事が常に「包み隠すことの無い県政を」と言ってきた根幹である、情報公開のあり方そのものを疑わざるを得ない。
 
北原前知事秘書も、田中前県下水道公社専務理事も、皆さん口裏を合わせたように、岡部参考人が提示した文書は見たことが無い。県が提示した文書を見て、こちらの文書であったと発言されていた。文書そのものは仮に2つあったとしても、つづられている文書の前後を見ても提示された文書の活字が、岡部参考人の文書の活字に似ている。しかも田中参考人はその文書を下水道公社で作成して田附参考人に渡したと明言していたが、受け取った田附参考人はその後文書の行方が分からない、知事には渡していないと主張している。岡部参考人は知事からその文書を渡され指示を受けている。誰が知事に渡したのだろうか。この上は田中知事が自ら明確な経過を、自分の口で語るべきであろう。
 
委員会の質疑の結果を見る限りは、疑問を全て明らかにすることはできなかったが、知事後援会幹部による働きかけの事実や、田中知事はその幹部の要請どおり入札方法の変更、県職員の人事異動、情報公開請求にかかわる文書の隠滅など、全てに深く直接関与していたことがあったといわざるを得ないだろう。報告したいことは沢山あるがこの事実関係や、委員会での主なやり取りは各報道機関の報道のとおりであるので、今回は詳細を載せないことをお許しいただきたい。2月の定例会は昨日始まったばかりであるが、何故か通常の定例会を終えたような疲れを感じた。この際どんなに疲れても今回の問題は、しっかり精査し問題を明らかにしなければならない。県職員の皆さんも関連情報があったらお知らせ願いたいものだ。田中知事の先の見えない出たら目な県政、我儘な権力を嵩に組織を目茶苦茶にしてしまっている現実と、表向きクリーンな田中県政の仮面を暴き、将来希望と夢の持てる県土つくりにしていきたいものであると、強く感じた集中審議であった。

|


 本日から2月定例会が開会された。17年度の長野県の1年間の予算を審議する大事な県議会である。しかしながら、いつもの県会も同じであるが県会が近づくと知事は新たな問題を提供してくれる。今回も情報公開にかかわる問題が予算審査以外に浮上してきている。17年度予算にしてもコモンズ支援金や組織再編案については、現地機関や町村に十分な調整協議を行わないまま実施しようとしている。

知事提案説明の中で知事は、「日々の仕事や議論を通じて、こうした理念を職員と共有し合える職場環境と県政運営を心がけてきました。」今知事が職員との接し方は、議論でなく一方通行の命令でしょう。職員は理念を共有していると思っているのでしょうか。これも知事の一方的な押し付けではないか。更に、「知事が変われば県政哲学も県政運営も変わるのだと、職員は理解しています。無論その議論の過程では知事も部長も係員も臆せず意見を述べ合うでしょう」とも言っているが、述べているかもしれない。しかし知事は自分の都合のよい部分については意見を聞くでしょうが、述べ合うということはどうだろうか。県民はこのことだけを聞くと、なんとすばらしい知事さんではないかと賛辞の言葉を投げかけられると思う。実態は全く違うのだということを県民に知っていただかなければならない。

 ともかく長い定例会が始まった。今日も夜まで明日の情報公開問題集中審議の件で追われてしまった。地元での土木振興会の閉所式に出て、長い間の成果とご苦労をねぎらう予定であったが失礼してしまった。県民の最も望んでいる情報公開の根幹の問題だけに、理解いただけるものと思う。

私の一般質問が本日の抽選の結果、一般質問の2~3日目のようである。まだ一切の草稿をしてないので、若干焦りが出始めているが、頑張っていきたいと思う。ご覧の皆さんからの忌憚の無いご意見をどしどし頂きたいものです。

|

 14日の総務警察委員会は、情報公開問題関連事項についての集中審議が行われました。私なりに今回の問題について整理してみた。
問題の焦点
1 県下水道公社の発注業務である入札を、知事後援会幹部が県内業者を優先するよう、入札方式の変更を県担当職員に働きかけたこと。また、田中知事がこの働きかけに関与していたか否か。
2 「働きかけ文書」に対し情報公開請求を受けた県が、当初「不存在」と回答したが、その後公文書として存在していた。これら「働きかけ文書」の一連の過程で、知事が文書を抹消するよう指示をしたとすること。
3 知事が情報公開請求書(請求者の名前等が掲載されている)の写しを、県情報公開課から(2003年7月ころから)受け取っていたこと。
4 知事が知事部局以外の実施機関からも情報公開請求書を、知事に提出させていたこと。

これらの問題点について現体制の職員にいろいろ質問したが、十分な回答は得られなかった。特に当時の下水道課長が課員との話し合いの内容を、知事にメールを送ったとの報道発表の内容等の状況を、現体制の課長は応えられなかった。更にそのメールが無いとの応えに、委員は当時(2003年)の職員から事情を聞くしかないとの結論に達した。急遽午後当時の経営戦略局参事の岡部氏、下水道課長の田附氏を参考人として出席を求めたのである。

私も開かれた県政、何も包み隠さず情報公開をすると、県民に訴え再選された田中知事の県政運営の根幹である問題を、根本から覆す内容であること。情報公開請求書の写しを知事が全て受け取っていたことや、知事部局以外からも情報公開請求書を知事に提出させていたこと。それらの全ての元となっている「働きかけ文書」であるか否か、それらに知事が深く関与していたこと。その経過を明らかにすることが前提であるという観点から、報道された一連の問題を県民に対しても明らかにしていくことが、県議会の大切な使命であるという考えの下で、岡部参考人や田附参考人に質問をした。 

質問のやり取りや参考人の話されたことは、本日のテレビ各社の報道及び明日の新聞等の記事でご覧いただきたい。「私的メモ」も「知事から転送されたメール」も現存していたことだけは強調しておきたい。ただ、岡部参考人の言葉の中で「職員は公開請求があっても知事は理解してくれると信じていた」、しかし田中知事はその職員より自分のお友達を(後援会幹部)優先したことが明白となり、なんとも言えない自分中心の知事の現実と、県民向けの顔と実態は全く違うことが改めて分かった。

  岡部参考人の勇気あるお答えによって、田中知事の後援会幹部が「下水道にかかわる入札制度に対する働きかけ」が事実あったと伺えたこと。田中知事がこれらの問題について強く関与していたこと。知事が公文書の揉み消しを自ら指示していたことが判明したこと。などなどが本日の質疑応答の中で明らかになったことは大きな成果であったと思う。まだまだ他の委員からも新たな事実に基づいた質問が出され、理事者側は応えに窮していた。それらを含めて17日に再度集中審議を行うこととした。
ただ、かねてから理事者側に古田議長から「公開請求書を情報公開課から知事へ提出するようになった経緯及び問題点について」調査要請をしていたが、本日理事者側(総務部長名)から回答があった。その内容を見れば単に知事を擁護している内容に徹していた。全く情報公開ということが理解されていない内容であった。この状況では今後の委員会でもどこまで真相が究明できるか疑問でもある。しかし本日の成果はきっと良識ある職員が、今後も続いてくれるものと信じたいと思っている。

|

 2月13日木曽郡山口村は岐阜県中津川市となる。それぞれの皆さんの思いは、いろいろ複雑な気持ちが交差しているだろうが、長野県から岐阜県に越県合併となった。この際今までの田中知事が合併申請にかかわる議案提出をされなかったこと、議員提案により越県合併を議決したこと、その議決を尊重してぎりぎり知事が申請したことなど、ここに至るまでの多くの議論は無駄ではなかった。まずは素直に「山口村、越県合併おめでとう。」と気持ちよく送り出してやりたい。山口村の新しい中津川市としての歩みの一歩を祝福し、一日も早く中津川市民として新しい地域づくりに参画し、調和のとれた町づくりをつくられる事を祈るばかりである。合併してもいろいろな課題はありますが、粘り強く話し合いを持って解決に向かってほしい。必ずや,よい道が開かれるものと信じている。
 
それにしても、昨日の「広報ながのけん」を見て驚いた。紙面の半数以上を山口村で埋めていた。そのこと自体は「惜別・山口村」の特集と理解できるが、内容を見て唖然としたのは私だけだろうか。山口村を送り出す長野県の気持ちが全く無い。ただ田中康夫氏個人の思いを掲載されているだけではないか。「広報ながのけん」であるならば、越県合併に至った経緯、今後、山口村が合併していく中津川市の紹介、嫁に出す親としての祝福の言葉など、長野県として越県合併する山口村に最大限の気持ちを表すべきであろう。確かに過程はいろいろあったが、決定したからには民主主義の原理に基づき、気持ちよく送り出してやることが大切であろう。少なくとも広報は長野県の貴重な経費を使っているのである。田中康夫氏個人の思いは自分で他の方法で知らせるべきだ。個人のメッセージを公費を使ってするべきではない。長野県知事としての礼儀ある挨拶を載せるべきであろう。「県民の皆様へのメッセージ」「山口村閉村式の知事の挨拶」どちらも自分の思いだけで、長野県知事としてのメッセージは全く入っていない。経営戦略局秘書広報チームは、しっかり自分たちの役目を全うするべきであろう。
 
情報公開問題を調査したり、来年度事業予算等の勉強会をみても、田中知事の独裁性と異常とも思える権力主義者が見え隠れしている。これでは職員に言いなさいといっても無理があることを理解せざるを得ない。それにしても、山口村の一件は最後まで納得のいかない、不如意な知事の行動に全く許せない気持ちだ。もっと大人になってもらいたいものだ。

|

 2月定例会に向けて事前総務警察委員会が開催された。17年度当初予算案の概要について、提出予定条例案、山口村越県合併の最近の経過、組織再編成について等説明を受けた。委員からの質疑の中で特に組織再編案については、部局横断の検討された様子は分かるが、性急的な再編案が突然示されたうえ、この4月1日から条例改正でなく組織規則の見直しだけで先行しようとしている点に質疑が集中した。県民や現地機関、議会にも理解を得ることが大前提である。もっと全体像を議論するべきだ。行政機構審議会で検討中である中で、来年度で一部実施しようとすることは早急すぎるなどの意見が出た。
 
当初予算が決定されるまでのプロセスを明らかにするべきだ。概算要求が出された後県民の声を聞くとして意見を求めた。その後知事査定のあと県民や議会に公開されていない事業が急遽入ってきている。しかも各市町村が「地域づくり総合支援事業」「集落創生交付金」を来年度予算に組み込んでおり、各市町村議会に議案提出をしようとしているとき、その事業を急遽取りやめ「コモンズ支援金」を新たに事業として予算化したのである。このことも出先機関や市町村にも十分な協議や説明もされていない。その過程を質問しても常にリズミカルに答えていた財政担当も明快な回答はできなかった。これは正に田中知事が知事査定の折に、急遽思い付きにより担当者に押し付けたものとしか考えられない。そのために予算要求された事業に対し、理由なく取り下げや減額されたものである。何のための知事査定なのだろうか。これらは定例会の代表質問や一般質問等で追及されるであろうし、当然委員会でもしっかり審議していかなければならない問題であろう。
またまた波乱不気味な定例会が始まろうとしている。

志昂会では本日から2月定例会に向けて、各部局の事業予算等についての勉強会が始まった。勉強会での説明を聞いている段階でも、かなり無理しているような事業もある。そのために本当に必要と思われる事業が後回し、あるいは事業の中止となってしまうようなものも見受けられる。説明者もさすが私どもの質問に対しても答えが詰まったり、ありあり分かるような弁解じみた答えしか返ってきていない。全く嘆かわしいというか先々が不安でならない。担当職員は正常心を失い何故か知事の顔色を伺いながら事務処理をしているように思えてならない。やはりその根拠となる知事の全ての介入に対するメスを入れていかなければならないと強く感じた。

|

 たまたまお邪魔していたお宅のテレビに、田中知事がテレ朝に出演していた。顔を見て驚いた、なんと活き活きした顔であった。県庁内にいるときの何とも言えない暗いイメージから一転、我が家の天下者といった感じであった。よそ様でのテレビ観賞のため、内容までしっかり覚えていないが、かなり長野県での実態と違うことを、手柄のように言っていたように思える。一つ一つ取り上げればきりがないが、もういい加減にして長野県のことを・・・と思ったが、この人では駄目か、要求する方が無理かと思ったりもした。しかし、長野県知事として広く県民の意見を聞き、まともな県政を運営してもらいたい気持ちには変わりはない。だいぶ前のテレビでのコメンテーターが言っていたことを思い出した。「田中知事は側近だけに囲まれているから、問題の核心が分からなくなっている」「独裁者というのは、全て自分で指示していかなければ、自分が崩れて行ってしまうものだ」
 
まさにその通りであろう。今回の情報公開請求者の問題、公文書取り扱いの問題、職員に自由に発言させない職員操作、自分の責任回避のための人事異動などなど、独裁政治が続いている。しかし周りが気づき地殻変動が起きていることを、知ってか知らないか強がりとウソぶいている点は、並の神経の持ち主ではない。二重人格を思わせるような今日のテレビ出演風景であった。私たち県会議員にしてみれば、一日も早く17年度予算の査定を終え、県会に提示してもらいたい。明日の部長会議で本当に最終決定されるだろうかと心配される。本来であればもっと早く査定を終え、県会の皆さんどうぞご意見をお願いしたい。としている時期ではないのだろうか。来週には定例会が始まるというのに、未だ来年度の事業予算が発表できないと言うことはお粗末なことである。日曜日の朝のテレビを見ると憂鬱になるのは私だけだろうか。

|

 今日は志昂会総会を開催しました。2月定例会に向けた事前勉強会等のほか、本日行われた各党代表者会議、議会運営委員会の報告を受けました。2月16日から始まる2月定例会の最終日程が決まりました。先日の議会運営委員会で決定した17日からの開会予定が、17日全国知事会議があり田中知事が出席するからとのことであります。また25日の代表質問の予定日を、スペシャルオリンピックスのイベントがあるため、田中知事が出席しなければならないので休会してほしいとの事であります。
 結果は議論があるもののそれぞれの会議では、知事部局側の言い分を受け入れ日程変更となりました。田中知事の公式行事を優先させたことになります。そのこと自体は対外的なことも考慮すれば理解できるものです。ただ、非常に不可思議なことは今回の変更となった事項(知事会・SOイベント)は、当然数カ月前から日程は決定していたはずです。なぜ前回の議会運営委員会で日程調整ができなかったのだろうか。分かっていて言わずに決定された後、今回日程変更を再提案したのか、日程が全く分からなかったのか、いずれを考えても秘書広報チームをはじめ知事部局の機能が、全く果たされていないということになります。

 本来、召集者(田中知事)が日程調整をしたあと、県議会に対し2月定例会の収集をしたものであります。召集したからには自分の都合でなく、県議会の議会運営委員会が決定した日程に習っていくことがルールであります。ここでも知事の我儘と無秩序な県政運営の実態が証明されたことになります。県議会は県議会のことだけを考え知事いじめをしているのではありません。対外的のことも考え長野県の知事として恥ずかしい思いをさせたくない、長野県知事として対外的催事にも責任を果たしてもらいたいとして、今回の日程変更も認めたことになるのです。田中知事は単なる2項対立的な県政運営を続けるのでなく、もっと県議会との関係を良好に保ち、県民のための県政運営ができるよう努めるべきであろう。このようなルール違反的な行為は2度と繰り返すべきではない。次回は認められないことを知っておくべきでありましょう。機能されていない知事部局の側近者は良く肝に銘じておくべきでありましょう。

|

1月の後半から閉村式、閉町式のご案内通知が届いてきた。合併が整いそれぞれ思いがあるだろうが、地域住民の意思の総意により、新しい地域づくりを目指してのことである。寂しさを感じないと言えばうそになるが、発展的解消と言う言葉の通り、前を向いてよりよい地域を創造する意味においても、閉村式・閉町式といえども喜びとしなければならないであろう。その次には夢と希望が持てる新町誕生のお祝いも待っていることであるからである。
 
ただ、これらと共に町村会や土木振興会など、地域の共通した地域づくりや事業を実施してきた機関まで閉所式となり、行政財政改革の一端と言えども、将来このままなくしてしまってよいのだろうか。地域の連携や地域間(隣接町村間など)の課題解決に、支障は来たさないのだろうかと憂いてならない。自律(自立)の名の響きはとてもよいが、高度成長期やバブル時代の余韻をいつまでも残しているかのように思えてならない。三位一体改革の全体像が見えてくればくるほど、一町村のみならず地域の問題として捉えて協調・協働していかなければならない。地域の強い(賢いでなく強引)首長が得を見るような地域づくりは、決して本来の自律にもならず、むしろ、おいていかれてしまうことも考えられる。川も道路も町村ごとに分断されているのではない。小さい町村が協調しあって始めて地域が成り立っていくものと思う。合併が実らなかった小さい町村こそ連携できる町村(町村会のような仲間)が必要となってくるのではないだろうか。 

町村会も一応は幹事町村が事務局を持って連絡を取られるようであるが、町村会の事務局があればこそ時に異なる町村間の意見調整等も出来てきたと思う。幹事町村と言えども直接異なる意見をまとめることは大変なエネルギーが必要となろう。土木振興会も確かに今までは利益があったので運営もしやすかったことは事実であろう。今後もお互いが少ない分担金で技術者を雇用でき運営していくことも可能であろう。アウトソーシングは単に既存の組織より他の組織(この場合は民間となる)に委託すればよいと言うものではない。逆に負担が多くなる可能性のほうが高い。今更何を言うかとお叱りを受けるかもしれないが、決めたからにはやむを得ないが、合併後の新しい枠組みが決まってから、よく考えてみることも必要であろう。それこそよい意味の朝令暮改は恥ずかしいことではない。どこかのトップも感じているかと思うが、まちづくりや地域づくりは一人では出来ないものなのです。人と人との連携、町と村や市との連携が合ってこそ、地域づくりは成し遂げられるものと思う。今回の実験的(私が勝手にそう考えてみました)な組織解消は早く結果を求め結論を出すべきであろう。いずれをとっても私たち県会議員の役目と責任はより重いものとなる。しっかり学習と研鑽を今まで以上に実践していかなければと思う。

|