現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

実態と異なる知事の提案説明


 本日から2月定例会が開会された。17年度の長野県の1年間の予算を審議する大事な県議会である。しかしながら、いつもの県会も同じであるが県会が近づくと知事は新たな問題を提供してくれる。今回も情報公開にかかわる問題が予算審査以外に浮上してきている。17年度予算にしてもコモンズ支援金や組織再編案については、現地機関や町村に十分な調整協議を行わないまま実施しようとしている。

知事提案説明の中で知事は、「日々の仕事や議論を通じて、こうした理念を職員と共有し合える職場環境と県政運営を心がけてきました。」今知事が職員との接し方は、議論でなく一方通行の命令でしょう。職員は理念を共有していると思っているのでしょうか。これも知事の一方的な押し付けではないか。更に、「知事が変われば県政哲学も県政運営も変わるのだと、職員は理解しています。無論その議論の過程では知事も部長も係員も臆せず意見を述べ合うでしょう」とも言っているが、述べているかもしれない。しかし知事は自分の都合のよい部分については意見を聞くでしょうが、述べ合うということはどうだろうか。県民はこのことだけを聞くと、なんとすばらしい知事さんではないかと賛辞の言葉を投げかけられると思う。実態は全く違うのだということを県民に知っていただかなければならない。

 ともかく長い定例会が始まった。今日も夜まで明日の情報公開問題集中審議の件で追われてしまった。地元での土木振興会の閉所式に出て、長い間の成果とご苦労をねぎらう予定であったが失礼してしまった。県民の最も望んでいる情報公開の根幹の問題だけに、理解いただけるものと思う。

私の一般質問が本日の抽選の結果、一般質問の2~3日目のようである。まだ一切の草稿をしてないので、若干焦りが出始めているが、頑張っていきたいと思う。ご覧の皆さんからの忌憚の無いご意見をどしどし頂きたいものです。