現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

私の気持ちは怒りで爆発寸前だ

 県民や県議会を愚弄している。この言葉を私は何回述べたのだろうか。県はと言うより田中康夫知事と松林憲治経営戦略局長は、人間としての理性があるのか疑わしい。
 人事異動案作成業務はもともと公務であり、後援会からの費用負担はおかしいので県費で支払いなおすべきだ。と主張してきた。ここにきて「公務性が高いと判断したので、公費で支払うことにした」。当然のことを今まで結論も出さず、いたずらに委員会審査時間を無駄にしてきた責任は大きい。更に「作成中の人事の情報が拡散する恐れがあるから、そうした部屋を取った」。過去何十年も長野県人事案作成にあたり、県庁内で作業をしてどのような支障があったのか。少なくともそのようなことは耳にしない。無理な人事を作成させようとするから都合が悪かっただけではないのか。田中知事は県財政が不如意だから後援会から支出したといっていたが、それであるなら住所問題で自分で支払わなければならない訴訟費用などをなぜ県税を使用するのか。その上「これからは適切な公務には公費で支払うと言う認識を深めたい」と述べたと言う。認識を深める以前の知事としての資質を問われる。なぜその前に田中知事と松林局長は、県民と県議会に謝罪の言葉が言えないのか。後援会側から見れば後援会活動以外の支出のため、詐欺横領だと訴えられても仕方がないことではないか。
 
 一般家庭でも不特定多数の人たちのお金を預かり、その預かったお金を一時的にも使用して、分からなければそのまま騙し通してしまってもよいのか。発覚した時点で横領罪として処罰されることであろう。たとえ発覚して使用した金額を返済しても、必ず謝罪の言葉はあるはずだ。それなりの社会的責任は取らなければならないであろう。今回はそのような反省は全く見られない。これで良いのだろうか。こんなでたらめな県政を指摘しても、何の反応もせず、ただその場限りの言い訳をしているだけだ。長野県を二人でもてあそばされては困る。
 私の気持ちはすでに怒りで爆発寸前の状態だ。このような事が許されていいはずがない。6月定例会も良識ある議員で許されるものならボイコットしたい心境だ。松林局長はこのHPを見ているなら、即刻謝罪か何らかのコメントを公に発表するべきだ。あなたを県民のためにも、解任させることが出来ないことが悔しい。
 
 県職員の諸君、この姿をあなた方も正常と思っているのか。どんなに一生懸命県民のために仕事をしても、皆さんは浮かばれない。二人の尻拭いを悔しい気持ちを抑えながら残業し、県議会や県民に頭をひたすら下げとおすことは止めよう。皆さんも怖がらないで声を出そう。必ず報われるときは遅くないのだ。