現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

県議会超党派で第3回の議員研修会を開催します

 5月10日に県議会全会派から1名出席し、3回目となった長野県議会議員研修会を開催に向けて開催要領等を協議しました。今回はこの2月定例議会において継続審査とした、「県の基本的な計画について議会が議決することを定める条例案」を、より多くの県民や市町村理事者・市町村議会議員・関係団体の皆さんと共に、研修すると同時に意見交換をし今後の判断の参考にするものであります。また、地方自治の行政評価制度や情報公開と説明責任等についても、講演会を通じて研修しようとするものであります。
 題して「地方自治政策課題研修会」といたしました。県議会超党派での研修会は全国的にも少ない事象かと思われます。成功に向けて取り組んでいるところです。今日は、長野県市長会・長野県市議会議長会・長野県町村会・長野県町村議会議長会の事務局を訪問し、参加へのご配慮いただきたい旨、事務局を預かる私と・竹内議員・柳田議員と共に依頼をしてきました。


長野県議会「地方自治政策課題研修会」参加者を募集!

長野県議会では全会派(10会派)58名全員で「長野県議会議員研修会実行委員会」を組織し、毎年その時々の県政課題等について研修会を開催しています。
 今年は6月18日(土)に開催することになりました。
 3回目となる今回のテーマは、2月定例県議会で議員提案で発議され継続審査とした「県の基本的な計画について議会が議決することを定める条例案」や、「県の政策評価の現状と問題点」、先ごろ問題となっている「情報公開と説明責任」とし、それぞれ先進的に活躍している方から講演を受けることとなりました。
 
 具体的には、まず「議会制度改革の動向と基本的計画を議会に図る条例の意義」のテーマで講演を依頼している野村稔氏(元全国都道府県議会議長会調査部長)の講演内容については、地方分権一括法制定以降、税源移譲や地方議会のあり方が問われる中で、第28次地方制度調査会に道州制や地方議会のあり方が総理から審問され審議されている現況や、その審議に全国都道府県議会議長会として「制度研究会」を設置し地方分権化での地方自治法上の議会権限や機能強化についての取り組みをお話しいただけると思います。
 また、県議会としては今回の最大のテーマである「県の基本的な計画について議会が議決することを定める条例案」についても、地方分権を推進する上での議会機能の強化等の観点や全国的な動向も含め講演いただけれると思います。
 
 「政策・施策・行政評価システムの構築」等について講演を依頼している関田康慶氏(東北大学大学院経済学部研究科教授)については、政策評価(行政評価等)では条例で説明責任を定めた先進県である宮城県の行政評価委員会副委員長兼政策評価部会長として宮城県の評価システムを立ち上げるにあたって熱心に貢献した方であり、政策評価の目的と手法、全国的な政策評価の現状と本県の政策評価の評価等について、率直に語っていただけると思います。
 また、政策評価は基礎となるデータなど県民満足度調査等、その評価の客観性が問われることから、最近本県が発表し「誘導調査ではないか」と話題となっている「県政世論調査」の在り方についても講演いただけると思います。
 
 「情報公開と説明責任」について講演を依頼している村尾信尚氏については、大蔵省から北川知事のもとで三重県総務部長として行政改革等に取り組み、その後北川知事の引退に伴い知事選に立候補し落選、現在は関西学院大学教授と多彩な経歴を歩んでいる方であり、そうした経験から地方自治の在り方を論じていただけると思います。
 また、本県で昨年来問題となっている元知事後援会幹部であり下水道業者役員である方の県への「働きかけ」等、今後の情報公開のありかたについてもお話しいただけると思います。
 
 今回の研修会の目的や内容も、県政の課題を整理することは当然として、地方分権化時代における県民・市民・行政・議会の役割を明確化し、県議会としてもその役割を堅実に果たし発展させるために開催するものであり、多くの県民の皆様のご参加を期待しています。
 なお、開催要項は下記の通りです。


地方自治政策課題研修会 開催要領

1 開催目的
   平成17年2月定例県議会において継続審査とした「県の基本的な計画について議会が議決することを定める条例案」や、地方自治政策課題等について、県民・市町村・学識経験者等との幅広い意見交換を行うことにより、今後の対応の参考に資するため研修会を開催する。

2 主催    長野県議会議員研修会実行委員会

3 開催日時    平成17年 6 月18日(土)

4 会場 ウェルシティ長野(厚生年金会館)
      長野市大字七瀬中町276-2 TEL 026-227-3336

5 参加者    200名程度を予定
      [県民、県・市町村関係者(理事者・議会議員・職員)、関係団体等]

6 内容
  1 開会セレモニー(10:30~10:50)
  2 研修会
   ◆午前の部(10:50~12:30)講演会[質疑応答含む]

テーマ【議会制度改革の動向と「基本計画を議会に図る条例」
     の意義】
講 師 野村(のむら) 稔(みのる) 氏
(元全国都道府県議会議長会調査部長)

◇昼食休憩(12:30~13:30)

◆午後の部Ⅰ(13:30~15:00)講演会[質疑応答含む]

テーマ【政策・施策・行政評価システムの構築―評価システムの構造と
住民参加型政策・施策評価コミュニケーションシステム】
講 師 関田(せきた) 康慶(やすよし) 氏
(東北大学大学院経済学部研究科教授)
(宮城県行政評価委員会副委員長兼政策評価部会長)

◇休憩(15:00~15:20)

◆午後の部Ⅱ(15:20~17:00)講演会[質疑応答含む]

テーマ【情報公開と説明責任について】
講 師 村尾(むらお) 信(のぶ)尚(たか) 氏
(関西学院大学教授・元三重県総務部長)

  3 閉会セレモニー(17:00~17:10)

7 参加費 \2,000円(昼食・資料代) 昼食不要の場合は\1,000円

お申し込みは、長野県議会「志昂会事務局」へどうぞ。
    FAX026-235-8851