現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

現地機関での県道の落石調査に感謝


 本日、臼田建設事務所の道路維持課職員が志昂会南佐久事務所に訪れた。先の県道で相次いでおきた落石死傷事故を契機に実施された、県管理道路の緊急点検結果についての報告を受けた。確かに臼田建設事務所管内は飯田建設事務所に告ぐ、要対策箇所が多かった地域であった。対策必要箇所が125箇所と危険な地域であることは間違いがない。緊急点検は5月9日に実施し11日には県に報告がされている。直ぐに危険箇所が把握できることは、常に管内のパトロールが実施されていることが裏づけられる。ありがたいことである。
 
昨日田中知事に臼田建設事務所の現状のまま存続を要請したが、まさにこれらの日常業務活動から出てきている数字を見ただけでも、今後の土木行政全般にわたって、維持修繕を含め事務所の存在性が強く求められる証でもあろう。山岳道路と言えどもそこに道路を開設したと言うことは、地域の皆さんの生活や産業道路として必要があったからこそである。そのためにも県としても、道路を中心とする周辺施設管理は重要な課題である。
 
都市部の道路を含めたインフラ整備は、目に見えて投資した結果が分かり住民の賛同が得やすい。しかし、地方部になると新設は分かってもらえるが、維持修繕については実感として分かりにくい面がある。だからと言っておろそかには出来ない。無駄はなくしていかなければならないが、やはり県土のバランスは最低限度保っていかなければならないであろう。県の財政事情も理解できるだけに無理は言えないが、少なくても地域住民の生活・産業・文化を守るためにも、道路や河川の管理義務は徹底していかなければならないと、改めて感じた。