現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

知事は2項対立がお好きのよう!


 明日の「地方自治政策課題研修会」の準備をしていたら、田中知事の記者会見模様がテレビの画面に映し出されていた。特に気にも留めないで作業をしていたが、たびたび県議会の皆さんはとか、県議会議員の皆さんはと連発されていた。内容はともかくとして知事自身が2項対立は好ましくないというような内容の発言をしている。「議会の皆さんは車の両輪といいながら、議会の皆さんが自ら輪をはずしている」かのような発言をしていた。初めて聞く人たちは知事の言うとおりだと思うかもしれない。ちょうど先日テレビ出演したときの発言と同様である。実際は本当に県民の皆さんのために、自分の構想や施策が県民のためになると判断するのであるならば、議会対応も考えるべきと思う。
2項対立をけしかけているのは知事自身であろう。もっと冷静に県政運営をしていただきたい。こちらは何も最初から争いたいと思っているのではない。

争いといえば、松葉前副出納長が今日柳田議員を「侮辱罪」で告訴をした。告訴の中身を見て驚いた。なんと大人気ない、自らの(当時公務員として)立場を理解しないで、オンブズマンのときと同じように言いたいことを言っていた、公序的節度はあったのだろうか。ヤジの内容は議会としても慎まなければならない面はあるが、理事者と議会との質疑のやり取りはどうであったのか、その情況も触れなければ片手落ちになりはしないか。いずれにしても議会はいたずらに争いに乗らず、冷静に情況を判断していくべきであろう。タイミング的にも6月定例会に向けて混乱させるつもりだろうか。議会はただ提出議案についてしっかり精査し審議をしていくべきであろう。