現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

100条委員会証人尋問始まる

 「県下水道事業に対する知事後援会幹部の働きかけ等に関する調査特別委員会」、地方自治法100条の規定に基づく調査特別委員会設置のため100条委員会と呼ばれている。その100条委員会の証人尋問が8月10日から始まった。その都度ご報告する予定でありましたが、証人尋問に対する調査活動のため、朝早くから夜も深夜1時や2時になってしまうなど、ホームページアップまでに時間がまわらず残念です。今日は午前中諸活動があるため午後からの再開のため夜遅くまでかかる予定です。盆休みには委員会の経過を等まとめてお知らせできればと思っています。今日は小市元土木部長、近藤元政策秘書室職員を証人出頭を求め尋問する予定です。また、田中元下水道職員が一昨日の証言に対し、自宅に帰り記憶や記録をたどった結果、新たに証言するべき事項があるとして、自ら証人出頭を申し出ていただいたため、予定した2人の前に証言を求めることになりました。