現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

これでよいのか、県政運営のあり方


 本日の信毎に〖「総合支所は」小海に秋開設・田中知事が表明〗と載っていた。正直驚きと共に喜びというより、不安がいっぱいの複雑な心境である。
そもそもこの話は長野県組織再編の検討が始まり、建設事務所の「基盤整備事務所」の設置構想により、臼田建設事務所の改編案が示されたことから、地元町村長が広範で懸案の多い南佐久地域住民の安心安全を確保するために、臼田建設事務所を現状のまま施設と組織を存続していただきたい。と知事に陳情をしたときから始まったのである。以前から非公式ながら「合併により南佐久地域に県施設が、小海高校のほかにはゼロになってしまう。地域の利便性を考えた施設を検討してほしい」と訴えてきた。田中知事に陳情の折そのことを伝えた。即検討に入ってくれたことは感謝するところである。
 
 6月定例会直前に支所構想は決まりましたか、と県から問い合わせがあった。南佐久としては臼田建設事務所の結果が出ないうちに、というより臼田建設事務所を佐久建設事務所の支所としての機能に合わせた内容では困る。との立場でいたのである。急遽プロジェクトチームをつくり検討することとなった。県・地方事務所・町村からなるチーム編成で検討が始まったのである。南佐久の利便性を考えると決して悪い話ではない。その成り行きを楽しみにしていた。そこに本日の報道結果を見て唖然とした。南佐久総合支所と思われる中身の構想はどうなっているのか。どこの施設を利用して、どのような機能を持ち、どのような職員体制で行くのか。将来どのような機能とどのようなサービスを提供するための支所とするのか。検討が始まったばかりであった。
 
 先頃佐久で知事と市町村長と懇談会をしたばかりであったが、いきなり田中知事と松林経営戦略局が職員を連れて南佐久に訪れてきた。このことも現地機関である佐久地方事務所はまったく知らないうちにセットされていたのである。しかもその日は3回目のプロジェクトチームを開催する日であった。当初はある町村の首長と協議する予定であったらしい。相談かけられた町村会長は全員の町村長が集まったほうがよいと判断し全員が集合することとなった。何も詳細を詰めてない、しかもプロジェクトチームの協議結果も聞いてない町村長は、その場のやり取りは成り行きに判断するしかない情況であったと思われる。総合支所は欲しいが中途半端は困る。当然のことであろう。報道では「県は各町村の要望を聞くなど検討を進めていた」とある。確かに各町村の要望を聞き始めていたことは事実であるが、前段に記したように最終の合意には至っていず、その検討の過程であるのだ。
 
 私は南佐久総合支所を作る必要がないといっているのではない。南佐久の将来構想をしっかり描く中で、本当に南佐久に必要なサービスを提供できる機能を備えた支所であるべきと思っている。第一このような問題をわざわざ時の知事と、県のナンバー2の経営戦略局長がきて協議し決定することではないと思う。これでは現地機関である地方事務所は一体何であるのだろうか。自分の部下である県職員を信用できないということなのか。全てこの手法で行くのであるならば、現地機関は要らないであろう。お二人でやればよい。というより組織を使えない二人は長野県をガバナンスする資格はない。何がコモンズなのか。このようなことを繰り返しているならば、「コモンズから始まるルネッサンス革命」などという戯言を打ち消してからやってもらいたい。たまたまその日の午後プロジェクトチームが開催されたので、報道にあるようなつじつまの合う結果となっただけである。もしプロジェクトチームの開催日が翌日なりになっていたらどうなるだろうか。各町村長にも大きな迷惑がかかったであろう。知事や経営戦略局長が地域に出てきてまで、平穏な地域のコモンズを壊してもらいたくない。
 
 私は本当に南佐久の事を考えての総合支所的構想でなければ賛成できない。それで南佐久の郡民が私を必要としないのであればそれもよいであろう。もしそのような環境の中であるのなら、恋々として県会議員をやろうとも思わない。こんなでたらめな県政そのものを改めなければならないのは承知しているが・・・・。県民の皆さん、郡民の皆さんはどう思うであろうか。