現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

9月定例会が閉会。木製ガードレールは修正される

 9月定例会も本会議において全ての案件について採決が行なわれ閉会した。組織再編関係条例は継続となった。経戦局から提出された各市町村長の意見集約結果と、実際の市町村長の声と大きくかけ離れていること、各部局再編にムリがあること、地域本部長の財源と権限等の委譲があいまいであることなど、条例以前の意見集約がなされていないことが主な継続理由である。
 
 高校改革及び再編整備関係の請願及び陳情関係は、県議会で関係の研究会を設置したことによることにより、白紙撤回等内容によって採択及び継続となった。人事案については副知事・公安委員会委員・教育委員会委員の選任案件については、全て簡易採決により同意することとなった。人事委員会委員の選任案については、諸般の理由により不同意することと決定された。

 木製ガードレール設置事業について私は、かねてから指摘してきたように、本日の本会議において原案に修正の動議を提出し、提案説明を行なった。2人の質疑と賛成反対討論のあと採決の結果、私の修正案について賛成多数で原案を修正することとなった。提案説明については別紙の通りである。土木委員会採決の際、修正案提出や原案に対し反対討論をしないで裁決に望んでしまったことは、手続き上のミスによりできなかったため、分かりにくい結果となってしまったがお詫びを申し上げたい。

 しかし、本会議の結果において良識ある県議会議員の多数は、長野県の財政危機を真から憂い、無駄を省き緊急性の高いガードレール設置などや、一日も早く県民の皆さんの多岐に渡る要望をかなえてやりたい。との思いを強くもたれていた結果であろう。感謝申し上げたい。これからしっかり地元において説明責任を果たしてまいりたい。

「木製ガードレール修正提案説明の概要」をダウンロード


 
 今日から100条委員会の調査等に再び専念することになる。更に決算特別委員会も始まってくるのでスケジュール管理が特に必要になってくる。与えられた職務に努力していきたい。私のとった行動判断について、ごらん頂いている皆さんからのご意見をいただきたいものである。