現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

移動志昂会in茅野が開催される

 28日決算特別委員会の現地調査は、北信合同庁舎で北信地方事務所、北信保健所、中野建設事務所の調査を行い現地調査を終了した。北信地方事務所では繰越や予算再配当減額などは見られたが、その内容や説明は妥当性があり、今回の現地調査においては最も納得できるものであった。今後は本庁での調査に移るが、担当部局での予算計上から執行に向けて、県民の要望をどのように受け止め、自治法に掲げられた制約の中で、どれだけ県民のサービスに向け有効になされたかを確認したい。
 
 午後は茅野市の茅野市民館において「移動志昂会in茅野」が行なわれ参加した。移動志昂会は所属議員全員が参加し、県政全般にわたってパネルディスカッションを行い、現在の県政の課題を語り合い、会場の皆さんと意見交換を行なっている。今日のin茅野は約350人の市民の皆さんが参集され実施された。

 知事の政治姿勢の現状を保科会長から、百条委員会の経過を解説的な形で清水洋議員と私が、農業政策を宮本議員が、選挙区の問題は清水保幸議員が分かりやすく語った。柳平議員は本日の進行をしながら教育改革問題を報告した。そのほかにも木製ガードレールなどを触れ、会場からの質問に答えた。時間も2時間30分もとって進められたが、あっという間に過ぎてしまった。
 
 県政の現状は理解されたと思うが、報告する側にとってもあまりすっきりした気持ちではない。それは県議会の思うほど知事は県の将来設計ができていないからである。腹を割っての話し合いができないからである。知事を攻めたくはないと思いながら報告をしていても、事実を語れば語るほど知事非難に聞こえてしまうことは否めない事実である。それでも私たちは真実を報告していく義務がある。これから毎週末は移動志昂会が行なわれる。日程は厳しい中ではあるが頑張っていきたい。