現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

求められる組織替えされた課の決算調書のあり方

 決算特別委員会の本庁課・室の審査が終了した。本日は生活環境部の各課・室の調査を行なった。この生活環境部は4月以降に課の編成替えが行なわれたため、当初予算において、いくつもの部局に計上されていた予算が移動したため、調査をしていく上で大変苦労した。

 例えば新設された「水環境課」は旧所属の課に計上された予算を見ると、生活環境部・廃棄物対策課、公害課、農政部・農村整備課、土木部・下水道課、土木部管理課、企画局・企画課、衛生部・食品環境水道課の事業として当初予算に掲載されていたものが移管されている。したがって歳入・歳出等当初予算に対しての執行情況の整合性を審査するのに余計な労力を必要とした。
 予算現額の欄に数字の記載が落丁などあったが単純ミスとわかったなど、概ね理解できる説明であった。しかし、説明する職員の側に立ってみても、組織再編前の旧所属課のどの予算額が当該課に移管したか決算調書に記載されてあれば、より分かりやすくなるのではないか。と指摘をしておいた。
 
 流域下水道事業費特別会計の繰越明許費について11億円余あったが、明許の理由は理解できる内容であった。昨日の企画局・人権尊重推進事業費の「物件費」については、詳細な資料を届けてくれ説明を受けた。私の予想していた通り「物件費」からの不要額が生じていたが理解が出来る説明であった。総じて審査時間がなさ過ぎる。今後の課題であろう。何もケチを付けようとしているのではないが、納得した上で認定をしたいものである。本日の審査で審査の終結をし、委員長より終結宣言がなされた。しかし、委員長報告に対しては若干今後のためにも注文を付けさせていただく予定である。

これでは部下の教育は出来ない ! あいさつの出来ない澤田副知事 !!
 午後5時ごろ本日の委員会の整理を済ませ帰宅しようと会派控え室を出て、議会棟の廊下を歩き始めた際、澤田副知事とすれtがった。私は「ご苦労さん」と声をかけ通り過ぎた。しかし、澤田副知事は返答もしないで通り過ぎた。そのまま黙っていこうかと思ったが、私は先日の現地機関での例もあっただけに、振り返り「副知事、ご苦労さんといわれたら、あいさつ位してもいいではないか。」と語気を強め大きな声を出して言ってやった。すると副知事は私のほうを向き「すみません。失礼を致しました」との声が返ってきたが、おそらく誰だかわからなかったと思う。

 私はそこで人間としての心構えを話してやろうと思ったが、話す気にもなれず帰ってきた。言われて返事をするようではだめだ。先日も記したが、私が県議会議員だからあいさつを返しなさいといっているのではない。この時間帯では一般県民はまずいないであろう。少なくとも議員か県職員であるはずだ。むしろ県職員の確立のほうが高い時間帯である。副知事であるならば自ら職員に「ご苦労さん」と率先して声をかけるべきではないのか。県のナンバー2がそのようにあいさつも出来ない情況であれば、部下である職員の指導ができるはずがないわけである。自分が県庁内で知事の次に偉いんだと思っているならば大きな間違いである。以前、副知事になったあとすれ違ったときも無言であった。しっかり「反省」をしていただきたいものである。
 
 さもなくとも知事と職員との間でギクシャクしている昨今、今副知事としてやるべきことは何か考えるべきであろう。知事の行き過ぎに対しブレーキをかけたり進言することも必要であろう、しかし知事以上にならなくともよいのである。ややもすればそのようなことが見え隠れしている。それよりも職員との意思の疎通を図り、本当の県民サービスとは何かを考えるべきであろう。自分や知事を中心でなく県民に真の目線を向けるよう意識改革を自ら実践するべきである。

 もそも県職員は総じてあいさつが出来ていない。朝でも夕方でも私たちとすれ違っても、時々はしてくれる職員もいるが、ほとんどの職員はあいさつや会釈をする職員はいない。県庁の正面玄関でコンシェルジュだか何だか分からないが、そこに立ったときだけ仕方なしで愛想を振り回してもだめだ。心のそこから仲間や県庁に訪れる県民の皆さんに、「いらっしゃいませ。ご苦労様でした。」と言えるようでなければ意味がない。いかに田中知事のやろうとしていることが、うわべのパフォーマンスだけであるかが透けて見えてくる。

 部長会議のやり取りを見ても、格式も品位のかけらも見えない。こんな部長会議の内容で県民のための県政を任せることが出来るだろうかと疑ってしまう。知事においては来年を意識しているかのような行動や言動が見えるが、もっと地に足をつけ県民のための県政運営をしていただきたいものである。