現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

百条委員会は政治闘争のために設置したのではない

 田中知事が27日に記者会見した際の発言は、いろいろの報道機関で取り上げていた。時事通信社のネット上の配信ニュースでは次のことが載っていた。

◎「百条委は政治闘争の一環」=事実認定開始で-田中長野県知事
 長野県の田中康夫知事は27日の記者会見で、県議会調査特別委員会(百条委員会)が知事をめぐる問題に関し、2月議会に報告するため事実認定を始めたことに関連し、「百条委は政治闘争の一環として設けたものだと思っている」と述べた。田中知事は「議会は小説より奇なりだ」とした上で、「(私自身を)気にくう、気にくわないは結構だ。しかし、(議会に)出すもの全部をけってやろうということで、不幸になるのは誰だろうか」と語り、予算案の削除などに関する議会側の対応を批判した。(了)

 『気にくう、気にくわないは結構だ』これは政治手法に気にくわないのでそのまま受け入れるが、『(議会に)出すもの全部をけってやろうということで、不幸になるのは誰だろうか』と語っているのは容認できない。議会はいつどのように知事が提案した案件を全部けっているのだろうか。99・9%以上は議決しているのではないか。逆に議会の意見を聞かないで、懲りずに同じ案件を続けて定例会に提案してくる知事のほうがどうかしている。限られた予算の中で無駄遣いをしようとしている知事に、ブレーキをかけてどこがいけないのだ。聞く耳も持たずただ自分のわがままを通そうとしている知事の政治手法により不幸になるのは県民である。このような知事に認識がある限りは、田中知事は長野県と県民のための政治は出来ない。

 県のホームページでは『日経BPホームページ 「現代リスクの基礎知識」』の記載内容を引用し、これまでに長野県が、市町村や関係機関、地域住民の皆さんと一緒に行ってきた豪雪対策の活動が評価されています。とその記事を掲載している。

 わがHPの読者はすでに県のHPをご覧なっていると思うので、ここであまり紹介したくはないが、県の危機管理の意識もなく「緊急性がない」と、飯山市の要請を断っておきながら、よくもこんな記事を掲載できたなと、経選局の神経を疑う。常に自分のこと、自分の有利になることだけを考え、言葉だけ県民のことをいかにも慮っているような振りをしていながら、実は全く県民のことなど考えていないように感じてならない。どうも最近グチをこぼしているだけのようになり、われながらつらい毎日である。