現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

情報の共有と多くの人たちの知恵を活用するべき

 5月10日のこのブログで「この一週間は大切だ」と記した。勿論夏の陣に向けてのことである。しかし、結果は2週間たっても結論が見えていない。何のための時間であったのだろうか。確かにそれぞれの立場の方々は努力をされたことは事実であろう。その事実は認められるものの、結果を出さないことには周囲は納得できない。少なくとも情報の共有をしてこそ成果が理解できるし、もっと有利と思われる行動も進言もできるはずである。

 長野県の政治事情は分からないわけではない。そのために政党間の本気での話し合いは必要であろう。しかし、その前に今回のトップ選びは壊された長野県をつくり変えてくれるトップが望まれているのだ。県民の皆さんも前回のトップ選びの際と違っていることもお気づきのはずである。最近毎日のように開催されている各種団体の総会に行っても、「早く新しい知事を決めてくれ。今度は変えなければだめだ。」と言う声が多い。一番身近で見てきた私たちはそれらも良く分かっているはずである。まずはことの本質を見極め理解し合いえることが先決であろう。また身近で見てきた県議会議員の意見をもっと尊重していくべきであろう。

 一本化をして県政を元に戻してはいけない。と言う人達がいるが何を基準に言っているのだろうか。少なくとも私たち(1期生)が聞き及んでいる前県政や当時の県議会、決して全てが悪いと言わないが、当時から見れば改革され民主的な運営がされている。現在の県政運営こそ民主的な運営ではない。ともかく時代の要請と共に県民に理解されないような不透明な県政運営、権力者の意向通り右に習いとなるような県議会に戻ることはない。戻らせることはない。そのことを知りながら県政を後戻りさせてはいけないなどと、少なくとも現県議会議員から言葉を発することは、県議会の現況を余りにも知ろうとせずに、政権構想の種にしようとしているしか思えない。現実をしっかり見つめ言動を慎むべきである。

 お互いに冷静に現実を見つめ、いたずらに時間を費やすことは避けるべきである。このままでは本気で長野県を憂うる人たちが、わが身の将来の約束はなくても、名を上げてくることが多くなると思う。与えられた権利を奪うつもりはないが、今の長野県を何とか救いたいと願う気持ちは同じであるはずである。これ以上犠牲者を生んではいけない。一日も早く目標に向かって同一な行動が取れるようにするべきである。それには出来る限りオープンで情報を共有させることと、同じ目標に向かうために信頼の上に立って、多くの人たちの知恵を活用するべきであろう。