現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

 一般質問三日目の29日、昨日までも含め多くの議員が知事の産業振興政策について質問がされていた。田中知事になってから産業振興にかかわる数値が、知事就任前と現在と比してほとんど悪化していることを例に挙げ追及していた。
無策の知事は全く関係のない唯はぐらかし答弁の繰り返しであった。

 田中清一議員は「テクノ財団へ派遣している県職員の企画力等を十分いかしていくべきだ」と産学官の連携を進める上で官の役割を明確にし、強化していくべきと追求をしていた。鈴木清議員は各数値の変化と全国の順位などを、商工部長や農政部長と総務部長から改めて報告をさせ、それらの現況を踏まえ長野県の商工業や農業の将来あるべき姿及び施策について質問した。いずれも現在あげている内向きな施策のみを羅列しただけであった。「経済音痴」と知事に野次が飛んでいたが、まさにその通りである。

 保科俶教志昂会会長の同様な質問に対し、知事は「そもそも見方考え方が異なる」と答弁し、数値も63年などオリンピック前後の県内景気ごろの数字を挙げていた。オリンピックの関連事業を非難していたはずではなかったのか。保科議員は「知事は産業振興の策がなさ過ぎる。数字に表れた経済落ち込みなど、自らの非を認めその非を改めることが知事の役目ではないか」と自治体の長の経験から、知事の産業振興政策の失敗を厳しく追及した。

 市町村合併を進めてこなかった知事に対しては、清内路村の例を挙げ人口728人で職員20名そこそこの上に、村総予算の歳入の約75%が交付税である実態を紹介して村民のサービスが出来るのかと質問した。余りにも無責任な答弁の繰り返しに、「小規模町村など基礎的町村が、少なくとも他の町村より優れていると思われるような行政サービスが出来るよう努力をしている。そのために県は将来を見据えたアドバイスをしていかなければならない。」「ミスジャッジに早く気がつくべきである」と指摘した。

 青山出納長も長い県職員の経験からの答えを求められたが、熱弁した割に内容もなく、「従前の延長ではダメだ」ともっともらしい言い方をしていたが、この人も分かっていない。そんなことは誰も承知の上で県の指導と支援策をどう考えているのかを質問しているのである。村が崩壊してしまうのはそう遠くはないのだ。もっと県民を大切にしてもらいたいものである。

 岳北クリーンセンターの廃棄物処理施設については、飯山市を含む岳北広域事務組合では地元の同意も得て県や国と協議を重ねた上で、まとめた処理施設建設計画を田中知事によって一年半も国に申請書類を進達しないでいる。ちょうど山口村の越県合併のときと同じである。保科議員は「いつ国へ進達するのか」と追及した。知事は「施設規模が大きい、将来の人口予測が過大だ」などといくつかの理由を述べていたが、いずれも本来、市町村事務であるこの問題でもあり、県の許認可事務でない。したがって県は権力の乱用ではないかと重ねて追求した。

 知事はそれに対し「それでは県は市町村と会話をしてはいけないと言うことですか」と、全く次元の違う言い訳じみた答弁をした。議場が騒然としたことは当然のことである。地域主権と言ってきた知事が地域の住民の要望も、自分の意見と合わなければ容赦なく切り捨てていく強権さは、県民にもその正体は暴かれているのである。知事は更に、言うことにことを欠いて「私に反旗を翻した市長会の皆さんなど・・・」と、すでに前後の見境も無くなってしまったおり、とても長野県民の安心安全を守る長野県知事とはいえない情況を呈している。。

 柳田清二議員は治山事業の予算が極端に減少している事実を、パネルを持って知事に質問した。事実に基づいた数値を上げ、県の考え方を質したがやはり真っ向から誠意を持った答弁はなかった。もう少し詳しく書こうと思ったが、長くなってしまったので書き込むことはやめるが、明日の朝刊を参考にしていただきたい。ここでも確信からずれた内容を説明したに過ぎなかった。柳田議員も産業振興の無策さにあわせ、しっかりした県政執行をするべきと厳しく追及した。明日からの一般質問もこの繰り返しなのだろうか。困ったものである

 

|

 一般質問2日目の28日、自民党県議団の小林実団長は50分かけて一般質問をした。人を大切にする性格からか丁寧な口調ではあったが鋭い質問をしていた。新党日本の党首としてこの夏の知事選挙に出馬するのか。との質問にはわけの分からない答えをしていた。(あとの質問者も繰り返し質したが明確に答えなかった。)私たちが無所属で出る立場と全く違う。党首には変わりはない。

 知事就任後壊すからつくると言ってきたが、何を壊し何をつくってきたのかとの質問に対し、「脱ハコもの・脱交付税」と語っていた。脱ダムから始まり壊し続けてきたが、つくることには得意でなかったのか、私どもの心に残るような答えはなかった。

 県が長野朝日放送の淺川問題について放映した一部分を「捏造」として公開質問状を出したことに対し、捏造ではないではないか、との質問に対し、コレも自分中心で報道の自由を奪いかねない、わけの分からない説明を繰り返していた。そんな捏造と叫ぶより、一日も早く地域住民の安全を確保できるため、国の認可が得られる河川整備計画【脱ダムの代替案】案を示すべきではないか。

 阿智村の産業廃棄物処理施設についても、「ハコもの施設」と全く問題を摩り替えていた。どんな説明【弁解】をしても、産業廃棄物問題は解決できない、どうするのか。また、小松稔県議の財政問題を質問した答弁では、「美しい景観と山河を守ることは大事なことだ」と答えていた。そのことは誰でも願っていることである。自然を守っているだけで県税が増え、財政が豊かになるのであれば苦労はいらない。

 今までの一般質問を聞く限りでは、知事は全く誠意が見られないばかりか県民を愚弄している。この一部始終を全県下に同時中継し、県の多くの人が見ればよく理解してくれると思う。「知事と議会と議論がかみ合わない」と報道機関は伝えているが、「誠意ある答弁をしていないだけである」ことを伝えるべきではないか。もう「かみ合わない」と言う言葉はふさわしいとは思えない。一考していただきたいものである。 

|

 27日、本日から一般質問が始まった。田中知事にとって任期最後となる定例会ともあって、各議員から6年間の県政評価や政治姿勢などの質問が多かった。各議員の質問に対しても自らの県政運営を自画自賛し、もし新しい知事が誕生した場合「元に戻る」と、いつも通りの主張をしていた。県民は改革を望み一定の評価をしてきたが、県議会も県職員もその点は認めているがすべてを評価しているものではない。それを知事が言うような[後に戻す]と言うことは一切ない。知事は選挙戦に向けた県民映りのような発言をしているが大きな間違いである。

 王滝村の再建に頑張ってきた任期付職員で亡くなられた今橋さんを、東京事務所へ人事異動した件について、村上県議は田中知事の意見を求めた。知事は「王滝村でも尽くされた。任期職員は信州から日本を変えるために、職責を果たしてくれる。よそ者として私たちの仲間になる」と言うような答弁をされた。任期付職員の任用規定では「県職員にない特に専門性を求めたもの」である。専門性を求めることは「日本を変えること」なのだろうか。ここは「新党日本」ではなく長野県である。全く頓珍漢で県民不在な自分本位の県政運営の上に、財政のムダ使いをしていることになる。それであるなら、そのまま王滝村の財政再建の村おこしに彼女の力を発揮させればよかったのではないかと思った。県職員との信頼関係も悪化している現況では出馬をやめるべきと村上県議は厳しく追及していた。

 小松千万蔵県議の県政評価と公約、及び農業政策等の質問に対しては、「山河を守りはぐくむこと、壊すことを避けることが目標であった。」「条例や予算を否決されたことを満たすことがマニフェストだ」「遊休農地を山河に戻すことも大切だ」などと、ここでも本当に長野県の基幹産業である地域農業を真剣に考えているのだろうか、と腹立たしくなった。農政部・林務部を解体しただけで農林業には関係なく、思い立った美辞麗句を並べただけの言葉遊びをしているだけであることが改めて分かっただけである。やはり最初から壊すだけでつくる考え(能力)は毛頭なかったことになる。

 浅川河川整備計画に至っては、青山出納長がどんなに説明をしようとしても、無計画さを露呈し、行き当たりばったりの無策安で「代替案」は、6年たっても一切なかったことが明らかになっただけである。そればかりか県民の福祉や流域常民の安全など微塵も考えていないことも明らかになった。
今日の一般質問に対する知事の答弁をを聞いてみて、長いおしゃべりであっても内容のない答えであった。西沢県議が住民との信頼関係を回復することが、二期目の公約で最初にやるべきことだったと、最後に壇上で強調されたことに尽きると感じた。

 本会議終了後、「考える会」の近藤会長が7会派の代表・幹事長会に、「いろいろ議論をし小異はあったが、村井仁氏を知事候補に推薦することとした」と「考える会」の結論を報告された。私は志昂会の意向を次のように伝えた。「村井氏自身が出馬を明らかにした際は、地元の皆さんに説明するためにも、村井氏に決定した経過説明をしていただきたい。」と要望をした。いずれ村井氏が承諾しなければ振り出しに戻るだけである。

|

 6月定例会が開会され議案審査のための休会に入っているが、正直のところ梅雨空と同じようにうっとうしさから開放できないでいる。これではいけないと予算説明書を開いてみるが集中できないのが切ない。明日から一般質問が始まるのに・・・・。

 梅雨空の合間にぱっと太陽の日が注ぎ込んだのは、大町市長選挙で牛越徹氏が当選されたニュースである。ついこの間まで県政について真剣に議論しあった仲間である。トップの無理で不合理な思いつき県政施策を押し付けられ、苦しい中でも信念を持っておられた。現在の長野県においても必要な人であったが、地域から長野県を見つめなおし大町市の行財政改革と共に、積極的にご提言いただきたいものである。「おめでとうございます。市政改善にご期待します。」

 今、志昂会で今後の化石燃料に変わるべき「バイオメタノール」の話をしているときが一番輝いており楽しいひと時である。しかし、来る人来る人、話が途切れると「ため息」ばかり、「勝負が終わったのではない」と思いながらもである。早く現実の呪縛から開放されて先を見る原点に戻るべきである。またこのような話になってしまうが・・・・。

 明日から一般質問が始まるのでこのページも、もう少しまともな報告が出来るのかもしれない。目を覚ましていきたい。

|

 6月定例会が開会された。田中知事にとって最後の県議会において提案説明がされた。その最後に8月の知事選挙に向けて出馬を表明された。そのこと事態不自然でもなく当然の権利を主張しただけである。私たちは少なくとも田中知事の県政運営に対し「是々非々」で相対してきたが、是より非が多くそれを是正させようと努力したが、逆に敵対視されてきたことは周知の通りである。

 議会活動を通じて田中知事の県政運営上、ガラス張りの県政を標榜し情報公開を積極的に県民に示します。と言いながら実態は全く逆であるばかりでなく、県民主体でなく自分中心の県政で不透明な予算編成など、疑惑が明らかにされてきたことも事実である。それらが100条委員会審査の過程でより明確に新たな事実として確認もされたのである。

 多くの県議はこのままでは県民の利益につながらない。長野県を作り直さなければならない、と等しく考えていたことと思う。しかし、いざ本当に変えなければならないと思って行動した人は何人いるのだろうか。敢えてお叱りを承知で言わせていただく。挑戦者が後から意思表示(実際には若林氏が表明しているが)をしなければならない情況になったことは、少なからず私たち県議会議員にも責任の一端はあるのではないか。本当に現在の県政の仕組みを変えようと思っているのか。残された時間は少ないので傍観者であってはならない。

少なくとも結果を見て評論家になってみたり、他人を非難するようなことがあってはならない。県議会議員として原点に戻るべきである。自ずと自らが何をしなければならないかが分かるはずである。あの方は出るだろう、出てもらいたいなどと想像の世界を語っているだけでは解決しない。あれはダメこれはダメと言っているだけでなく、真実は何かと現実をもう一度しっかり見つめなおせば答えは出るはずだ。後悔のない「夏の陣」を迎えたいものである。

|

 19日:ようやく、県議会が実質動き始めた。7会派の代表者・幹事長合同懇談会において、いろいろ意見の交換をしたあと、田中県政を変える考えに代わりがないのであるならば、この7会派が統一した考え方のもとで行動をとらなければならないと意見の一致をみた。

 「輝く明日の長野県を考える会」の位置づけや存在感の違いはあったが、「考える会」の使命は未だ終わっていない現在、「考える会」が2人の名前を挙げて政党間に投げかけ、その結果が回答されていない。その結果を早急に結論を見ることが先決課題である。その結論に7会派として全面的な支援をすることが必要ではないかとなったのである。

 とにかく一致した行動が出来ることになったことは評価できる。この気持ちを少なくとも2ヶ月間は続けていただきたいものである。
20日、本日「考える会」の近藤世話人代表が何らかの発表されるはずである。私たちも心してその回答を見つめていきたい。

 朝、久しぶりに昨年共に汗を流した県職員と廊下で行き会った。元気な笑顔を見て今日の一日が素晴らしい一日の始まりとなることが感じられた。今日も忙しい日程を消化し県民の皆さんのために汗を流したい。

|

 「夏の陣」に向けて同僚議員の皆さんも積極的に動き始めたことは良いことである。一月遅い感はあるがやむを得ない面もある。ただ、中には本人が出る意思が少ない方や出ないと言っていた方などを表に出そうとしている向きもある。この方法で予定者を決定していくことに県民は本当に望んでいるのだろうか。また、「政党間協議」3~4ヵ月前の話であるならば、もっと素直な関係で協議に入れたのであろうが、この場に及んではそうは行かないであろう。ここまで引き伸ばしてしまった責任は大きい。

 そもそも県民は政党間協議で候補予定者を決定する方法も望んでいない。「考える会」で自信を持って予定者を推薦できないで、その収拾のために政党間協議を進めても正直意味は無い。20日と言う約束の期限があるので一応は尊重したいが、期待してもよいのだろうか。

 ここまできたらもっと現実を見つめて議論をし、判断していかなければならないと思う。2ヶ月前と同じ過ちを繰り返すべきではない。また、4年前・6年前と同じ絵を描いてはならないのだ。なぜかそのような方向に進んでいるかのように見えてならない。

|

 F151 12日 県会商工生活環境委員会が佐久地区の現調に訪れ、地元議員として参加した。まず最初に何故建設事務所が来ているのだろうか、と不思議に思った。次に所長の説明を聞いているうちにまた違和感を感じた。何も所長の説明が悪いとか言う問題ではない。組織再編後の所管事務の違和感を感じたのである。

 説明資料の目次に①商工業の振興について、②観光の振興について、③県民生活に関することについて、④自然環境の保全について、⑤公害防止対策について、⑥防災対策についてとあったが、これだけ見れば何も違和感は無い。当然商工生活環境委員会で調査すべき内容であるからである。しかし説明を受けているうちに次第にこの委員会は何であったか、度々表紙の委員会名を確認をした。*農業基盤整備の情況、*農業農村整備事業の推進、*森づくり対策、*多様な森林の整備、*森林の保全対策、*森林病害虫防除及び野生鳥獣被害の対策、*林野関係災害対策など、なぜ商工生活環境委員会で調査対象にしなければならないのか、と本当に思ったのである。

 組織再編で所管が変わったことは承知していてもこの異常な違和感は尋常ではなかった。農政林務部で無くなぜ「商工」で「農業」問題を調査しなければならないのか。しかも野生鳥獣被害対策については・・・・、野生鳥獣と人との軋轢を減少させることを目的に事業を進めています。本当に農業生産者の実態を承知しての対策なのか疑われるものだ。

 現に委員会が佐久穂町の「コモンズによる野生鳥獣共存の里づくり推進事業」《今年度から、野生鳥獣総合管理対策事業と名称が変わっている》の実施箇所の現地調査を終えて帰ったあと、たまたまこの地域で耕作をしている夫婦が車で通り際、わざわざ車から降り生々しい被害状況の話をしてくれた。農家の皆さんは決して野生鳥獣と共存などと言っていられない情況ではない。そのようなことを言っても収穫間際に被害を受けその現況の様を見て、出荷も出来なくなり明日からの生活を考えたとき腰を抜かすほどであると言っていた。

 今でも毎朝現場に来るのは水や生育の心配でなく、鹿の被害があるかないか見に来るが、コレも無駄な作業が増えただけです、と言っておられた。もう少し早く来れば委員会の皆さんがいたのに残念でしたね。と言ったが私も県議会議員の一人として必ずお伝えいたします。と言うことが精一杯であった。やはり被害対策と野生鳥獣保護(共存)は、セクションは別のほうがよいと改めて感じた。ムリな組織再編のマイナスの部分を目の当たりにした。 

|

 朝の散歩も長野へくると日課となっている。コースは日によって異なるが同じ道を歩いている。道端の庭先に咲く花などが日ごとに彩を変えていく姿を見るのも楽しみの一つだ。起床時刻によってスタートが異なるが気持ちよい汗を感じることには変わりは無い。
 
 ただ微妙に五感に伝わってくるものが違う。いつも行きかう人との違いや人の数、同じようでいてどこか違う家並みと草花、なぜか耳に入ってくる音の違い、鼻につく匂いなどなど。わずか数十分の違いだけであるのにである。地域社会がまさに活動している証であろう。今朝はしみじみそれらを感じながら新しい発見をしたような気分になった。

 しかし、どこか今の県議会、とりわけ「夏の陣」に向けての動きに重ねて見えてくる。入ってくる情報の確認作業をしながら、同僚と常に情報交換をしているのだが、今確認したはずの朗報が数分後には打ち消されてしまったりするのである。散歩もその目的・目標もゴールも同じであるが、時にコースを変えて行き止まりとなって引き返すこともあるなど、その過程ではさまざまな変化がある。それでも必ずゴールには予定した時刻にたどり着くことが出来る。

 「夏の陣」の動きはどうだろうか。目標は分かっているはずなのに、コースがやたらと変わってしまう。しかも行き止まりでも引き返そうとせず、道なき道を強引に行こうとしている。周りで気がついても注意してくれる人もいない。これでは目標としている時刻にゴールできなくなってしまう。気がついてみたら目標物がなくなってしまい、自らも疲れ果て自分の場所もなくなってしまっていた。悪い夢を見ているようであるが、あながち違いが無いように思える。

 団体スポーツでもそうだが勝負の形勢が悪くなってきたり、疲れてきたら周囲のチームメイトが声を掛け合い劣勢を挽回しようとする。控えにいる仲間も大きな声を出し元気付けてくれる。同じ目標に向かっているからである。勝負に勝とうとしているからである。目標に向かい全力を尽くしきるから、目標を達成したとき喜びも倍増するのである。

 スポーツは勝負に負けても自分たちのチームだけの反省ですむ。勿論周囲の人たちの応援や期待にこたえられなかった責任はついてまわるが、この次勝てば次ぎにつながることが出来る。この「夏の陣」はそんな単純な結論は出せれない。220万県民の生活を豊かにさせ、幸福や夢をかなえさせるためにもよい結果をださなければならない。

 そのために県議一人一人が、今のポジションで何をしなければならないか、ドイツで開催されているサッカーのように、単純にボールだけを追いかけるのでなく、目指すゴールに向かってボールの行く先を読み、それぞれが自分のポジションを有利な場所に移しいつボールが来ても処理できる体制をつくることが大切である。目標は一つであるので自分勝手な行動も、知らないうちにミスを犯そうとしている仲間を見て、みない振りでいることも許されるときではない。声を掛け合うことによって目標を見失うことも無く、思いを達成させることになるのではないか。

 散歩の話を「チョットいっぷく」コーナーに書き込もうとしたが、途中から現実と重なってしまったため、「私の意見」として載せる事にした。同僚県議の皆さんの率直な意見を聞きたいものである。

|

 長野県のトップを決める動きも今まではお互いの腹を探りあっているような状況であったが、ようやく現実的な行動が見えてきた。お互いに思っていることを話しあってこそ、長野県の目指す改革を持続させながら、壊れた長野県をつくり直してくれる人は誰が相応しいのか見えてくる。時間がかかっているがこの世界は手続き論が優先されてくるので仕方がないのかとも思われる。しかし予定されている当事者にしてみれば、時間的余裕がなくなってきていることには代わりが無い。

 志昂会では4日安部守一氏と意見交換をした。阿部氏は話の中で、同じ総務省の務台氏が不出馬声明を明らかにしたことを踏まえ、長野県の現状を憂い、長野県のために汗を流したいと強い意欲は見られた。志昂会として出馬要請をしたものではない。志昂会では若林健太氏とも意見交換をしてきている。橋本要人氏には電話で直接意思の確認をした。羽田雄一郎参議院議員にも話を伺っている。本人がどのように長野県の情況を考え、どのように長野県の将来を考えているのか確かめたいからである。

 自ら出馬の意思が無い人や、他人の支持任せだけであるならば当然のことながら対象からはずしていかざるを得ないのである。その一つ一つの確認作業があって初めて、本当に県民のために尽くしていただける候補が絞られてくるのではないか。そして早く県民の皆さんに堂々とご報告していくことが出来るのではないだろうか。県民の皆さんはそのことを一日千秋の思いで待っていてくれると思う。  

 もっと具体的にご報告できるのかなと思ったが、一夜明けると情勢が変化するなど、ままならないものである。多くの人たちと本音の意見交換をし、早く結果を出していくべきであろう。そして出馬を表明した方が長野県の将来についての考えを県民に語ることが必要である。何とも言えないすっきりしない毎日である。残念だが、まだ腹の探りあいが続くのだろうか。 (4日・5日・6日にかけての毎日の情況が変わっていました)

|

 1日:2日目の社会衛生委員会の現地調査は午前9時10分から、知的障害者通所授産施設「アンサンブル伊那」からスタートした。上伊那地方事務所では本日付けで辞令の出た竹松所長も出席された。竹松所長は朝県庁で知事から辞令交付を受けてから現地調査に対応してくれた。時間的に大変であったが調整され出席されたことには感謝したい。前任者が市長選のため退職のあととはいえ、広範なエリアを持つ現地機関だけに県民のサービスに支障のないようカバーリングしていただきたいものである。

 上伊那地方事務所では上伊那広域連合はリハビリティーション機能を持つ県立の施設設置の要望、長野県精神科病院協会からは駒ヶ根病院改築にかかわる諸問題について陳情を受けた。更に下伊那赤十字病院でも医師対策について切実な訴えを聞くこととなった。特に医師不足問題は深刻な問題である。県内各地で医師不足の情況であり、特に産科医不足は県だけでは対応が出来ない情況でもある。それでも何とか工夫をし抜本的な施策を打たなければならない問題である。

 公的病院としての位置づけをされていながら、独立採算制をとっている赤十字病院、医師不足は行政から支援がないだけに即病院経営にも影響が出てくる。医師派遣についても澤田副知事は引き受けてくれたが先送りばかりだと愚痴めいていたのが印象的であった。安易な返事をしてその場をしのぐなど、偽りの県政運営はやるべきことではない。先頃どちらが知事だか分からないような言動があるとも聞いているが、立場をわきまえ県議会や職員や市町村長などの話を聞かない知事との間に入り、しっかりサポートすることに心がけるべきである。

|

 31日:社会衛生委員会で中南信地区現地調査を行なった。最初に県立こども病院の調査を行なった。当然のことながら、石曾根前院長の退職に伴い新しく就任された宮坂院長に診療方針などの質問が集中した。

 病院の資料でも診療方針は「一般の医療機関において対応が困難な、特殊または高度な医療を必要とする小児の疾患を主たる対象として診断、治療、相談及び指導を行なう小児施設とする。また、周産期医療の中核病院として、出産前後の母体・胎児から新生児にいたる一貫した高度専門医療を提供する。」と記されている。

 田中知事の一般診療も行うと言う方向転換により、いろいろな課題と問題点が新たに出てきており、宮坂新院長の考え方が注目された。明確に方針を示されなかったが、小児の総合診療に向けて開かれた病院にしていきたいと重ねて主張されていた。更にそれに向けて院内のあらゆる層の医師や職員たちと話し合い提案を受けるとも話されていた。

 話の内容を単順に解釈すればコミュニケーションを深め、みんなの意見を尊重していきたいとなる。しかし、院長としての明確な方針を打ち出しその考え方に対し議論を深めることも必要ではないか。いずれにしても、慎重に検討されていく姿勢だけは見受けられた。新院長にいろいろと注文をしたいが、就任して1ヶ月では核心には触れることは無理があった。ただ、新院長に期待する面もあるだけに、これからの病院運営の舵取りと長野県の高度小児医療施設どのように方向付けされるのか、10月ごろを目途に新しいこども病院の方針を決定していきたいと強調されていたので待つことにしたい。但し県衛生部が必要以上に関与しないで欲しいと思う。

|