現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

残された時間は少ない、悔いのない「夏の陣」を

 6月定例会が開会された。田中知事にとって最後の県議会において提案説明がされた。その最後に8月の知事選挙に向けて出馬を表明された。そのこと事態不自然でもなく当然の権利を主張しただけである。私たちは少なくとも田中知事の県政運営に対し「是々非々」で相対してきたが、是より非が多くそれを是正させようと努力したが、逆に敵対視されてきたことは周知の通りである。

 議会活動を通じて田中知事の県政運営上、ガラス張りの県政を標榜し情報公開を積極的に県民に示します。と言いながら実態は全く逆であるばかりでなく、県民主体でなく自分中心の県政で不透明な予算編成など、疑惑が明らかにされてきたことも事実である。それらが100条委員会審査の過程でより明確に新たな事実として確認もされたのである。

 多くの県議はこのままでは県民の利益につながらない。長野県を作り直さなければならない、と等しく考えていたことと思う。しかし、いざ本当に変えなければならないと思って行動した人は何人いるのだろうか。敢えてお叱りを承知で言わせていただく。挑戦者が後から意思表示(実際には若林氏が表明しているが)をしなければならない情況になったことは、少なからず私たち県議会議員にも責任の一端はあるのではないか。本当に現在の県政の仕組みを変えようと思っているのか。残された時間は少ないので傍観者であってはならない。

少なくとも結果を見て評論家になってみたり、他人を非難するようなことがあってはならない。県議会議員として原点に戻るべきである。自ずと自らが何をしなければならないかが分かるはずである。あの方は出るだろう、出てもらいたいなどと想像の世界を語っているだけでは解決しない。あれはダメこれはダメと言っているだけでなく、真実は何かと現実をもう一度しっかり見つめなおせば答えは出るはずだ。後悔のない「夏の陣」を迎えたいものである。