現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

やはり県議会改革の先進県であった三重県

 10日、二日目の県外視察は三重県議会での議会改革について視察をした。志昂会でも以前に企業誘致(シャープ)の成功例等を調査したことがある。今日は昨日と同じテーマについて調査をした。若干ムリもあるのかなと思う点もあったが、議会改革については一日の長があり、学ぶことは多かった。

 議会改革の意欲と積極性は、やはり視察の価値があり先進県であるとことには間違いが無かった。しかも県議会と職員と共に県議会の改革のみならず、県そのものの改革につながっていることが素晴らしいと思った。やはり県議会と県は車の両輪のごとく、両者が県民のために議論を戦わせながら協働作業を推進していかなければ、県民のための改革は出来ないと改めて実感させていただいた。
 
 だからこそ今回の知事選挙は大切な審判を下したことになる。今度こそ県民の皆さんのための議論展開が出来ると確信できる。今までのような県及び県知事と派手なやり取りはないと思うが、少なくとも真剣な議論のやり取りにおいては挫折感はなくなると思う。県民の皆さんから見れば物足りなさはあると思うが、必ずや県民の皆さんにプラスとなることは間違いがないだろう。

 シャープ亀山工場も3回目の視察であるが、来るたびに工場も拡張され、周囲も関連工場が充実されていた。90億円も負担しても4年で三重県は元を取り、今や県税収入は県民の皆さんに大きな恩恵となっている。視察結果を必ずや長野県に反映できるよう今後もより一層努力したい。県知事も変わったことでもあるので・・・・。

新知事に、節度を持って向き合うべきだ

 ネット上で長野県のニュースを見たら「新長野県政連絡協議会」の皆さんと新知事と意見交換をされたと言う。そのこと自体は多くの人たちと意見を交わすことについて何ら異論はないが、引き続き2ヶ月に一度会を開くとのことである。県庁村以外からの情報を提供したりアドバイスをされることはよいとは思うが、昨日も触れたように圧力団体になってはならない。

 知識者の集団ゆえに村井県政に必要以上に踏み込む事のないよう望むものである。2ヶ月に一度は多いのではないだろうか。折角、誠実で堅実な村井県政が誕生したので、伸び伸びと県民のために村井カラーを出していただきたいものである。早急ににやらなければならないことはすでに新知事も言明されている。院外で物事が決まることのないよう重ねて要望させていたきたい。