現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

検証委員会の審査方法に新たな事実が

 田中県政もあと2日を残すだけとなった。先日、最後の会見が行なわれた。田中康夫さんらしいと言えばそうであるが、長野県知事として最後の会見となれば、やはりコレでよいのかと思わざるを得ない。もっと真面目に6年間の総括をするべきではなかったのか。最後までスター気分で、まるで知事選挙に勝ってやめていくようである。あえて湿った会見をする必要もないが、最後まで県民をはぐらかしながら去るつもりのようである。  

 検証委員会の報道は仲間のHPでも取り上げていたが、25日に私のところへ「検証委員会について」メールが届いた。私たちが指摘したとおりの、結果ありきの、まさに公平性を欠けた田中康夫擁護の委員会であったと言える内容である。メール送信者の了解が得られたので以下そのメールを紹介してみよう。

高見沢 様                                         

                                           ●●●●●

 5月18日頃、検証委員会への出席について、澤田副知事から電話で依頼があったため、正式に文書で行うべきとしたところ、翌日速達で文書が届きました。内容は、5月25日に都道府県会館で委員会を開催するので、午後1時40分から30分程度、出席しろとの事でした。警察の事情聴取中であり、また、発言がどの様に取り扱われるのかも全く示されない事と、30分程度の聞き取りとは何のために行うのかが見え見えであり、更に、30分のために東京まで出てこいと言うことが余りに理不尽と考え、長野で開催するよう指摘し、出席をお断りしました。

 その後、全く何の連絡もなく、いきなり今回の報告となったことに、大きな憤りを感じています。そもそもが、答ありきの委員会とは思っていましたが、余りにも露骨すぎます。知事の「指示していない」との一方的な言い訳を、真実と認定した根拠は何なのか?司法の捜査が進んでいる時に、あえてこの様ないい加減な報告書を出す、委員達とは一体何なのか? いつものように、委員会という隠れ蓑によって、強引に真実を曲げようとする姿に、改めて、「村井新知事」誕生の必然性を強く感じております。

 少なくとも、県民の税金で調査を行うならば、形だけでも公正性を確保することが大前提と考えますが、今回の委員会活動は、これさえも無視したものとなっております。特に、委員の中に、公正性を確保すべき監査委員が含まれながら、この様な活動を税金で賄おうとする事に「田中県政」の真の姿が見えています。「田中康夫」を個人的に支援するための活動に、県民からお預かりした税金は一円たりともあてるべきではないと考えます。 ○○○○○○ ○○○○○。 

 先日もこの検証委員会について私の考えを述べたので、今日はこれ以上意見を述べるつもりはないが、報道の皆さんはこのような事実も承知で発表されたのだろうか。もし、そうでなければ改めて真相を調査され、事実を県民の皆さんに明らかにされたらいかがであろうか。