現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

移動志昂会in下諏訪を開催

 28日(土) 移動志昂会in下諏訪を開催した。今回の特徴は志昂会所属議員全員のほか、腰原愛正副知事も参加していただいたことだ。県政報告に何故執行側が参加するのか、といわれる方もいると思う。その答えは、どのような政権になろうとも是々非々を貫き、県議会議員という県民の皆さんから負託を受けた立場から、自らの立場がたとえ不利になっても正しい判断をし、その説明責任を果たしている志昂会だから実現が出来たと自負している。

 県民の皆さんが県議会の考えと県側の考えが同時に聞ける、そんな県民サービスが出来たのではないかと思う。限られた時間内のため、やはり消化不良は否めない事実である。でも、折角ご参加された皆さんのために、限られた時間を精一杯有効に使わせていただいた。当然「出来レース」ではなく、当日の「ぶっつけ本番」のため腰原副知事も何を質問されるか心配であったと思う。大町市長時代と副知事と立場違った現在の「高校再編問題(副知事の地元「大町高校」)考えを質問した。明快の答弁とはいえなかったが慎重に答えていた。

 下諏訪での開催は、次回から選挙区が変わり志昂会のメンバーが諏訪・岡谷区から出馬すれば別であるが、現在の所在市町村において選挙を考える限り選挙区民ではなくなる地域である。いわゆる一票を投じることが出来る支援者ではなくなるのである。この地盤から支援を得て県議となった清水保幸君からのたっての要望であった。保幸君らしい「お礼」を込めた移動志昂会in下諏訪であった。それだけにメンバーも一層真剣に対応させていただいたつもりである。私からも下諏訪町民の皆さんに、今までの保幸君へのご支援ご協力に感謝の意を申し上げたい。ありがとう ございました。

移動志昂会in下諏訪の内容は「清水保幸」「清水洋」両議員のホームページに詳しく掲載されているので、そちらをご覧頂きたい。