現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

県教育長に山口氏に決まる

 本日、教育長に9月定例会初日に全会一致で同意議決された山口利幸氏が、本日の教育委員会臨時会で互選された。教育委員会の早い対応に敬意を表したい。これで今定例会の明日から始まる代表質問引き続き、一般質問等で新しく判断した後の県教育委員会の見解を知ることが出来る。少なくとも統合を含めて苦しんでいる学校現場(中・高)の方向が、一日も早く明確になり子供たちの指導も迷うこともなく進路決定も出来るであろう。

 議員側も単なる教育委員会の責任問題のみを追及だけでなく、自分たちも議決の重みを背に「今後の長野県の高校再編を含めたあり方」を、共にどのような結論を求めていくかの議論展開をしていくべきであろう。急ぐべき高校群もあるが、ここは県教委も議会もお互いに問題の原点にかえり、しっかり現場の反対だけの意見を聞く出なく、魅力ある高校づくりを進めるには何がベターか、関係者とじっくり意見交換をしていくべきと思う。自分の都合でなく子供たちの学習現場がどうあるべきか、くどいようだが原点に立ち戻った議論をしていくべきと思う。