現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

来る年に期待し、1年のご愛読に感謝

 2006年も残すところ2日となった。何故か今年も短く感じた1年であった。ただ昨年までの「わびしさ」「脱力感」という心境にはならない。村井知事が誕生し、一方通行から相互通行となった議論展開がそうさせているのであろう。もちろん知事のみならず県職員の議会に対する誠意ある接し方もその要因のひとつでもある。ようやく県議会議員としての存在感が感じるようになった。

 村井知事の誠意ある答弁であっても、検討・熟慮するなどと先の見えにくいところもあり、やや苛々感もあったことは事実である。しかし、昨日の記者会見で明らかにされたとおり、「この数年間で先送りされて解決していない問題の所在がわかってきた。」と、来年に向けて希望の持てる発言は県民にとっても明るい材料である。何事も改善の要因がわからなければ施す術がないが、要因が見えてきたことは村井カラーというより、2007年度の長野県の施策方向に期待が持てるものである。

 人事面では自らの秘書問題について、思った以上の頑固さを貫き、議会から「遺憾の決議」を全会一致で可決され、知事自身よもや知事選挙で支援してくれた議員が、そこまではしないだろうと思っていたかもしれないが、ここは大いに反省をしていただきたいものである。議会側もその対象者(県職員となった元秘書)が県庁等に在職しているだけに、苦しい立場も理解していただきたいものである。以前にも述べたが当事者には罪はないのである。ただ、県職員となった元秘書の皆さんも、与えられた職務を全うしていただき、任命者の知事に安堵させるのでなく、議会や県民にその成果を誇れるよう努めていただきたいものである。

 国レベルではいざなぎ景気を超えたとしているが、県下では一部業種のみでその景況感は伝わってきていない。しかし国も経済が回復したからこそ税収が上がってきている。村井知事が良く口にしているように、まず長野県の経済環境を良くしていただきたいものである。今現在では来年度に向けての予算要求の段階であるが、年明けの知事査定に期待したいものである。

 改めてこの1年間、県職員の皆さんに何かとご協力をいただいたことに感謝したい。県民の豊かさを願う気持ちは県職員も県議会も同じである。議論をしたくとも胸の中に一物を置き話せなかった8月までと異なり、堂々と自分の意見を述べられるようになったことは、県民にとっても大いにプラスになることである。来年も一層密度の高い議論展開をし、県民の福祉向上のために努めたいものである。

 今年一年、私の拙いホームページをご愛読いただき、多くのご感想やご意見を頂きましたことを心から感謝し、新しい年も皆さんにとって良い年を迎えられますことを願うものであります。来年もよろしくお願いいたします。