現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

政務調査費の透明化に関する申し入れに思う

 22日、本日から一般質問が始まった。議会の先例から、今日の一般質問は交渉会派として代表質問が出来ない会派が優先に行われた。明日23日からは抽選によって決められた順に行われる。

 先頃、日本共産党県議団から県議会各会派に、各派代表者宛に[政務調査費の透明化を促進する申し入れ]があった。政務調査費の透明化は当然賛同できるものであり、何の違和感も感じることはなかった。「ご苦労様です」といいながら文書に目を通してみた。項目が4項目あったが、いずれも志昂会として全て最初から実施していた内容である。帰ろうとされている議員に、「志昂会は既にこのようなことは実施していますよ」と声をかけてしまった。

 このままだけですんでいたなら、共産党さんは今まで実施していなかったのだろうか、と思いながら申し入れを受けておくだけでよかったのだが、次の日に一部の新聞に掲載されていた。となれば他会派は政務調査費の使い方が不適当であると思われてしまう。掲載した新聞社もただ「申し入れ」をしたというだけでなく、既に実施している会派もあると付け加えてくれればよかったと思うが・・・。志昂会の名誉を回復するためにも敢えて説明をさせていただくことにした。

4項目の内容は
① 【政務調査費の支出から「主に飲食を伴う会合」に係る経費は原則的に禁止している規定を厳守するとともに、既に実行している会派があることから食事代への支出も原則禁止すること。】
 「主に飲食を伴う会合」に係る経費は原則的に禁止、原則ではないだろう。志昂会は最初から一切出していない。【食事代への支出も原則禁止すること。】これも原則ではないだろう。食事代も・飲食を伴うも同じではないだろうか。志昂会は議会等での食事も、会派で行う食事会も、地元や食事が伴うあらゆる会合も、全て自己負担である。原則ということは少しでも政務調査費から出ているということではないかと思われても仕方がない。

② 【出張の際の切符代は領収書を添付しなくても良いことになっているが、少なくとも使用区間の履歴を添付し、事前にJRや旅行社を利用するなどして領収書添付の努力を図ること。】当然のことではないか。これも志昂会は最初から実施していることである。

③ 【支部事務所への支出の中で、実態のないものや、県民から見て疑問に思われるものは見直すこと。】これも当然のことであり、改めて申し入れするまでもない。見直すまでもなくやってはいけないことである。

④ 【事業報告書の記載は各会派の独自性に任されているが、既に実施している会派もあることから、それぞれの調査・研修事業ごとにかかった経費を明らかにし開示すること。】何もいまさらこのようなことを言うのか不思議に思うくらいである。志昂会の報告書はどこの会派よりも詳細であると思う。

 申し入れより、もし疑問に思うような会派があれば、議会の手続きを踏み会派間の話し合いを持てばよいのではないだろうか。その上で全ての会派が4項目に沿っていない場合は、申し入れも良いと思う。ただし、自らの会派が全て「自らの申し入れの通り」実施していることが、前提であることは言うまでもない。
申し入れをするだけに、既に日本共産党県議団は実施していることと思うが、すべての会派に改めて申し入れすることもないと思う。

 いかにもわが会派だけは透明性に優れているといわんばかりのパフォーマンスは控えるべきではないだろうか。統一選挙後に改めてお互いが気をつけようとして、呼びかけることはあっても良いと思う。わが会派は最初から全てクリーンな立場で、政務調査費を扱っていただけに、一言苦言をさせていただいた。