現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

社会委員会の予算を原案採択

 社会委員会では委員会採決が行われた。19年度予算・事業施策は従来からの事業のバージョンアップが図られたり、県民が要望している課題の先取りなどに合わせ、障害者自立支援法など国の制度見直しにより、利用者も施設管理者からも不満の多かった事案解消に向けた臨時施策が講じられた事業予算などを、全て原案通り可決すべきと委員会採択をした。

 また請願・陳情も審議し、特に障害者自立支援法関係の陳情も多かった請願陳情の願者の真意も理解されるが、県も国も十分とは言えないが施策を講じていることでもあり、継続審査となっていた請願陳情を議会の任期となるため審議未了と判断した。中には委員の可否同数となり委員長決済により審議未了となった採決もあった。午後から衛生委員会が始まり理事者側の説明を受けた。