現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

任期最後の定例会が閉会となる

 12日 2月定例会というより4年間最後の定例会が8,462億余円の当初予算など原案通り可決し閉会した。無修正は珍しいといわれているが、今回の予算書を最初に見たとき、前県政のように明らかに不自然な予算はなかった。むしろ各市町村等からの要望などの先取り予算と見られるものはあった。委員会審査が甘くなっていることではない。もう一点は、やはり中期総合計画など県の目指す柱がない現在、どうしてもチェック機能が働きにくいのも否めない事実である。

 私は県立病院条例の一部を改正する条例案について、賛成の立場から討論した。 討論の全容はこちらから

 県立病院の赤字補填は、あくまでも病院経営の中で改善されることが、最も重要なことは言うまでもない。県から県立病院へ多額な負担金が出されている中で、県内自治体病院との均衡を考慮することは止むを得ないことである。

 また、少子化対策における諸施策の一環において、応益分としての分べん料と出産費用に対する支援策、子育て支援策などの諸施策は別に考えるべきだ。
 
 分べん料の改正は県内自治体病院の均衡を考慮する事と、産科医の分べん技術の一定の評価を形に表す事を含め、安心して安全な出産が可能とするための環境整備を、早急に具現化を図るべきことを付し、長野県立病院条例の一部を改正する条例案について賛成するものである。と討論した。もちろん賛成多数で可決された。

 本会議が閉会後、それぞれ思いは4月8日に向け気持ちを切り替え、選挙戦のエンジンはアクセル全開としながらも、落ち着かない表情で別れの言葉を交わした。志昂会メンバーは本日、2月28日に茅野市長選に出馬のため議員辞職をした、柳平千代一君のお別れ会と、それぞれの奮闘を誓い会う会を長野市内で行った。既に茅野市長選モードになっている柳平君に見習い、明日から地元の皆さんのご支援をいただくための、選挙モードに私も切り替え頑張るつもりである。

 長いようで短い4年間であった。