現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

 28日 今期でご勇退される小林実県議の作品展を見に行ってきた。版画・色鉛筆画・水彩画・屏風絵など素晴らしい作品に感動の連続であった。県議会議長の超多忙の際も作品を作っておられたことには驚きを増した。絵の鑑賞について品評など出来る眼目はないが、作品の一つ一つが小林議員の几帳面で温和な性格がにじみ出ているように感じ取れた。小林実議員には色々ご指導を頂き感謝している。今の県議会にはまだまだ必要な議員であっただけにご勇退は惜しまれるものである。

 中野市まで行ったのでそのまま飯山市の菜の花公園まで足を伸ばした。たまたま保科会長も宮本議員も行っておられ、さながら志昂会最後の現地調査だねと話が出るくらいであった。もちろん本日はプライベートであるが。膨大な菜の花畑の光景は見事であった。公園に行くまでの道路の沿線にも菜の花が数キロにわたって植えられており、市民の皆さんが訪れる人達を迎える温かい心が伝わってくるようであった。

 29日 「千本桜の会」主催による余地ダム下流側の公園周辺で行われた桜の植樹祭に参加した。今年で6年目を迎え本日で500本を越えることが出来た。今年の私は2本を記念植樹した。記念樹の名前は、妻と結婚40周年を記念して《ルビー婚記念》、県議2期目当選を祝って《県議当選記念》と思い切って2本を記念樹とした。後何年したら高遠の桜を越えることが出来るだろうか。そんな夢を描きながら他の人の分も何本も植え、更に6年前に植樹した箇所に木材チップをひく作業もした。正直久振りの労働に腰や腕が痛く歩くのも大変であった。しかし心地よい疲れでもあった。

 本日で1期目の県議会議員としての務めが終了となる。志昂会としての活動も本日で終了である。明日からは創志会として新たな出発となる。仲間の3人は少なくとも志半ばで志昂会を去ることになった。2人はそれぞれ次の目標である首長に挑戦される。その一人柳平君は茅野市長として当選され明日から新市長としての仕事となる。清水保幸君は次の目標に向かって準備に入ることになる。あれだけ一生懸命に県議として頑張ってきた清水洋君は、残念ながらわずか及ばず、県議会の外から県政を見つめることとなった。

 清水洋君が4年間の思い出と今後に向けての考えを、彼のホームページに記されている。立場が違うだけでほとんど私と同じ歩みであっただけに感慨深いものがある。彼の分も頑張らなければと改めて心に誓うものがあった。地域で手がけられてきた事案については、志昂会の仲間としてしっかり受け継いで見守っていくつもりである。

|

 26日 創志会の会派運営や今後の日程調整等について打ち合わせをした。学習する創志会としてスタートすることとし、4月30日から新議員の活動が開始となるため、5月2日に最初の総会を開催することとした。今後の会派の活動計画の骨子を協議し、多くの県民の皆さんと意見の交換が出来るような計画をまとめたいものである。

 この時期各団体の総会・総代会などが続いている。私どもは県議会議員としてご通知を頂き、県民の皆さんが集い活動している諸団体に公務として参加している。自らの行動に反省すらないM氏はいつもながらの異論を唱えているが、私どもは立派な政務活動であると自信を持って行動している。生産活動からボランテイア活動まで多くの団体の現況を知ることが、県民のための県政につながるものと思う。都合のつく限り参加していきたい。

|

 22日の茅野市長選挙には志昂会同僚であった柳平千代一君が見事当選を果たした。おめでとう。23日には彼のコメントが各紙取り扱っていた。相手候補に投票した市民の皆さんに対し、パートナーシップ市制を慎重にやりなさいと受け止めていると答えていた。柳平君らしい誠実さ溢れるコメントを披露してくれた。やはり茅野市を託せる逸材である。大いに期待をしたい。

 23日は例年行っている南佐久建設事務所管内の課題箇所等を、現地職員と見て回った。午前中の概要説明では県道川上佐久線や国道299号線など、今後の先線についてはいくつものルート案の検討をした。他の事業についても意見の交換をしたが、予定時間を大幅に過ぎるほど、いずれも厳しい地域要件だけに色々な意見が出た。

 午後現地を調査して改めてルートの確認をするなど、地域からの要望箇所も見て回った。今年も職員の先見性のある事業計画案を目の当たりにし、感心するばかりであった。今回の異動によりご当地や近郊地域からの出身者が多く、地域事情や環境がわかるだけに事業推進には非常に有利であると感じた。今後も職員との情報交換を密にし、地域にとっても県にとっても無駄のない、予算執行されることを期待し、私も地域の要望に応えられるよう努力していきたい。

 

|

 新しい会派『創志会』の今後の活動について思いを巡らしているところであるが、この一週間となった『志昂会』の4年間も走馬灯のように思いがよみがえってくる。何の遠慮もなく、少しの心配もせずに、自由に議論展開が出来た仲間であった。一期生だけで結成した志昂会、ただ、既存の会派から声をかけて頂いたが短期間でどのような会派なのかわからず、無我夢中で同じような思いの仲間が声を掛け合い集まった。6人の交渉会派が得られたことは、結果的に活動が有利な展開をすることになったことも否めない事実である。
 
 一期生なるが故にどのような会派活動をすればよいのかわからず悩んだこともある。しかし議員の役目は市町村議会も県議会も同じである。それならば県が行うとしている施策を知ること、課題となっている現地を見ることからはじめようと、若さゆえに考えるより行動が先となった。「勉強する志昂会」が始まったのである。多くの県職員の皆さんに協力をしていただいた。県の課題や県議としての役割も見えてきた。後は常に前進するのみであったと思う。

 新しい創志会においても、その志昂会で学んだ気概と精神は、創志会に押し付けるつもりはないが、私なりに続けていきたいと思う。一党一派に偏らないで、県議会としてやらなければならないこと、議員としてやるべきことを、創志会の仲間と共に活動をしていきたいと思っている。今回共に活動できない柳平千代一・清水保幸・清水洋の3人の分も、保科・宮本・私と3人で背負いながら走り続けていきたい。まさに全力疾走が始まる日が近づいている。

|

 19日 今回新しく負託を受けた新県議会に新しい会派が誕生した。その名は持ち寄った会派名20ほどの中から、「志を高く時代を創造する会」の意味をこめて『創志会』と決定した。既に、事前に知らせていた『新会派の結成にあたっての指針(案)』に、賛同してくれた議員10名によってスタートすることが出来た。一党一派に偏らず、幅広い県民の皆さんの声を県政に反映することなど、地域の事情にも配慮した仲間も多い。

 本日の新会派設立総会では、その「指針案」の承認をしたのち、役員も決定した。引き続き政務調査費の扱い方や、今後会派を運営していくための基本的な問題を協議し、4年間の団結の締めをして希望のもてる会派が誕生した。
(指針及び役員構成は「創志会の指針」 役員名簿」 をご覧ください)
今後も志昂会に与えてくれたご厚情を、新しい「創志会」にも変わらずお与え頂きたいと願うものである。
 

|

 いよいよ明日19日新会派を結成することになった。志昂会として3人となったが4年間一生懸命県会活動をしてきたことが功を奏し、提案した『基本的な考え方』を中心に、大勢の仲間と活動することになりそうである。共に活動してきた仲間のまじめな行動があってこそであり、今期限りで止めていかれる3人に感謝したい。

 17日には志昂会全員が参集し最後の総会を開催した。4年間の総括と共に政務調査費の最終整理など、一連の事務処理を済ませ、志昂会に残された3人から現況報告をしたのち、29日付けをもって県議会としての志昂会を解散することとした。そして新しい会派においても志昂会の名が場合によっては消えることも確認しあった。県議会としての志昂会はなくなっても、仲間としての志昂会は今後も継続することとした。

 したがって今回の新会派結成は志昂会の継続により結集されるものではない。単なる数合わせでなく『新会派結成にあたっての指針(案)』に賛同した者により、新たな会派を結成するものである。更に明日はその指針案についても全員で協議し、納得を得てから新会派結成と駒を進める予定となっている。決して一部で決めたものを押し付けするでなく、まさに民主的に進められる予定である。

 現在のところ自民党県議団が18人で第一党となる。続いて民主党系の会派か、わが新会派となると思われる。いずれにしても、大会派に飲み込まれずに、また国政の政党間の勢力争いに巻き込まれないよう、中間会派としてしっかり行事役をし、時にはリーダーシップも発揮するために、正確な判断が出来るよう学習活動を更に努力していくつもりである。良いスタートが出来ればと願う次第である。

|

 出逢いの神秘さというような大切さをこの数日間で改めて知ることが出来た。出逢いはまず第一印象も大切であるが、その交わす会話から相手の人間性を見ることが出来る。いや、私も見られているのだと思えば恐ろしい気持ちになってくる。ことさら意識して会話することもないが、会話のルールのようなものがあると思う。

 相手の意見も聞かず一方的に喋り捲っている人、ただ人の話しを聞いてばかりいる人、相手の意見を聞きながら自分の意見を話す人、人それぞれ会話には人間性がにじみ出てくる。どちらが人に理解されるのだろうか。心を許しあえる人は少ないが、少なくとも相手を理解しあってこそ人間関係が深まっていくものと思う。

 県議になる人間はとかく自分を表面に出すタイプが多い。いわゆる自分を中心に主張をするなど、わがままなところを持つ人が多い。かく言う私も人のことは言う資格はないことは承知しているが・・・。それでも人の話を聞くタイプのほうが人間関係を良好にしてくれるほうが多いと思う。

 4年間県民のための議員活動するのに、当然のことながら活動しやすい仲間と行動を共にすることが望ましいことである。いろいろの経験をされてきたから、良い仲間として活動できると期待しながらも、交わす会話によって意外と受け入れがたい人もいる。逆に会話を交わすごとに人間性に惹かれるものがあっても、地域の事情によって共に出来ない人もいる。なんと皮肉なものであろうと、出逢いの神様を恨みたくなることもある。

 会派への賛同者を募るにも、ただ数合わせをするのであれば簡単であるが、信頼の上に立って議論をしあえる仲間となれば限られても来る。新人だけで怖いもの知らずで結成したときと違って、生みの苦しみは大変なものである。しかし、ようやく理念・県政に向かう指針に賛同できる仲間が結集してきた。新たなスタートを切る日も間近となり、新しい仲間との出逢いが楽しみである。

|

 12日 志昂会に残る3議員は何回か会議を重ねてきたが、本日選挙後初めて会派控え室で会議を開き、今後の方向について確認をした。その後解散した政信会の一員であった向山公人議員を含め、意見の交換をし理念も一致することから、今後行動を共にすることを確認しあった。志昂会という名前にも愛着はあるが、新しい仲間とともに再出発するため、志昂会の名前も含め新しく検討することとした。

 何人かと直接行き会い意見の交換をしたり、電話で話をしたりさせていただいたが、皆さん素晴らしい見識をもち合わせており、4年間県民のため地域のために、働きやすい・活動しやすいグループで、同一行動を取れればと願っていたが、諸事情で行動が取れない人も出来た。やむをえないと思いながらも残念である。しかし、まだ数名の方が意思表示を後援会の皆さんとの話し合いの後とされている。参加できることを希望してやまない。

 会派の結成はただ数あわせで多ければよいというものではないと思う。お互いの目指す理念が一致できるものが集ってこそ力が発揮できるものである。また、地域の事情により理念が共有で来ても出来ない場合もあるが、ポストや4年後の選挙について損得を語る段階ではないと思う。4年間の活動を如何に一生懸命やれるか、それらを如何に地域の皆さんに知ってもらえるかが大切なことではないだろうか。私どもも改めて反省するべきところは反省し、一層県民の皆さんとの接点を多く取れるような県議会活動を、していかなければと感じているところである。

|

 公職選挙法の複雑さを改めて知らされた。無投票当選となり支援者やブログ読者にお礼と感謝をお伝えしようとしたが、それも不可であるとのことであった。一度アップしてしまったがそのまま失礼してしまった。その後色々な心境もお知らせしたかったが出来ずに今日に至ってしまった。

 志昂会の仲間であった清水洋君の結果は、予想もしていなかっただけに非常に残念でならない。県議の日常の活動を県民の皆さんにお伝えすることの難しさを痛感したところである。しっかり充電し捲土重来を目指して欲しいものである。

 県会では各会派編成に向けて動きが活発である。志昂会も同じ考えを持つ仲間と継続をするつもりである。これからも課題の本質からブレないで、真正面から取り組むリベラルな保守政策集団として活動することとした。一党一派に偏らない会派として自由闊達な議論を展開しながら、県議会のより透明性を求め、県民の皆さんに約束してきたことの実行に向けて努力していくつもりでもある。

|

 1日 久しぶりに温かい春の日差しの中で、佐久穂町ふれあいタクシー・げんでる号の出発式が行われた。県下で5番目となる新交通システムの、デマンド交通事業を明日から運行開始に伴い、本日出発式が行われたのである。交通弱者、とりわけ障害者や高齢者の足の確保が得られ、外に出て活動することによって健康増進にもつながることと思う。地域の活性化においても期待が寄せられているところである。無事故で所期の目的通り事業が推進されることを願ってやまない。

 それにしても本日の出発式に県議会議員として参加できたことに感謝したい。本来であれば選挙3日目の日曜日、とても式典に出ていられる状況ではなかったはずである。後援会をはじめ多くの支援していただいた皆さんが、4年間地元に余り帰らなくとも、しっかり支えてくれたおかげで県議会活動に集中できたことが無投票につながったものと思っている。

 無投票での信任を得られたことは感謝したいが、その重責は非常に重いものと感じている。声なき声を大切にしながら、今まで以上に地元の住民の皆さんや県民の皆さんと接触を深め、正しい情報を適切に交換し合えるよう努めていきたいと思っている。これからも多くの皆さんから叱咤激励を賜りたいと願うものである。

|