現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

村井知事が南佐久管内を視察

 15日 村井知事が南佐久管内の地域視察にこられ同行した。一日という限られたスケジュールの中で、南佐久管内の課題箇所を全て回ることは困難であるが、地方事務所・建設事務所でうまく調整されコースが作られていた。それぞれの場所で村井知事も職員や係員の説明を熱心に聞いておられた。村井知事の対応に説明する側もおそらく説明甲斐があったと思う。知事もそのつど質問されていたが、そこまで質問されるのかと思うくらい知識と見識の高さに、改めて驚きもし感心させられた。

 視察箇所も4月に建設事務所職員と、管内の課題箇所を回ったところが多く、今後の計画推進に大いに期待がもたれるものと感じた。また、南牧村の農家である菊池千春さんの間伐材を利用して、木炭や木酢を利用した堆肥作りをしている、「木炭製造実験プラント」も視察に入っていた。菊池さんたちは農業経営者の皆さんで「森の会」を立ち上げ、県の環境保全型農業実践グループ活動支援事業の補助を受けて活動を行っている。その際私も相談を受け話し合いに参加してきただけに、知事の視察を受けたことにうれしく思った。

 川上村の森の交流館の展示犬舎では、知事がいきなり川上犬の檻の中に入り、川上犬に手を差し出して話しかけたには驚いた。後で知事は犬をだいぶ好きだということを知った。暫し檻の中で藤原村長の説明に聞き入っていた。優しい心を持ち、自分の目で確かめ、正しい決断ができる人こそ、相応しいトップの姿であると思う。有意義な管内視察であった。ご苦労様でした。