現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

川上村と南牧村で植樹祭が行われる

 28日 今日は南牧村の植樹祭に参加した。南牧村は村の各地に花木等の植栽をし、村全体を公園化するなど景観を重視した植樹祭であった。本日の植樹祭会場は、天皇・皇后が行啓された記念碑周辺であった。温暖化防止もさることながら、大自然の景観を次世代に守り残すことは貴重なことである。

 2週間ほど前の16日は川上村での植樹祭があった。ここでは村有林のカラマツを川上村中学校の立替新築に使用するために皆伐し、その跡地に植林をした。60年も前の先人たちが植林した成木を、村の学校建築用材に使用し、更にそこへ将来の村人たちのために植林することは素晴らしいことである。その発想した村長をはじめ関係者に拍手を送りたい。

 いずれの村もお互いに植林に協力参加しあっている。更に両村とも「みどりの少年団」も参加し、森林や自然環境を守ろうと体験を通して教えることは良いことである。「森林は未来から借りた宝物です」という倉本聡氏の言葉を思い出し、今すんでいる私たちは未来の人達のために、借りたものはきちんと返す義務があるんです。しっかり植林をして自然を守り引き継いでいこうと思わず呼びかけをした。いずれの村でも良い汗を流し気分爽快であった。