現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

元韓国国会議長と夕食会で交流を深める

 5日の後半を報告したい。江原道議会と昼食懇親会をし、来春長野へ訪れたいとの議長の挨拶があった。お互いに意見交換の中で日韓の親善を深め合うことが出来た。春川市内を見学しながらソウルに戻り、韓日親善協会中央会会長の金守漢・元韓国国会議長と夕食会をした。夕食会の前に金守漢会長の講演を聴いたが、韓国と日本との親善交流を心から願って活動していることが理解できた。日韓親善の交流は正に人と人の草の根の交流があって、はじめて叶えると強調されていた。

 同僚宮本さんは飯山北高校の大先輩である朴泰俊POSCO名誉会長と面談した。朴泰俊さんは本来会えることが出来ない人物であるという。それもそのはずである。ちょっと経歴を紹介しよう。大韓民国国務総理・前大韓民国国会議員4期・前自由民主連合総裁・前民主党最高委員・前韓日議員連盟会長3期・前韓日経済協会会長・POSCO(製鉄会社)設立、社長・会長・名誉会長、浦須工科大学校設立理事長という経歴の持ち主である。しかも韓国の陸軍少将までの経験のある人である。

 でも、先輩後輩の中で久しぶりに飯山の同級生などの話が出たそうである。中曽根元首相や元竹下首相などと何回も行きあったそうである。よく行き会えたと思うが、民団の関係者を通じて実現が出来た。宮本さんご苦労さんでした。
6日は朴前大統領の娘でこの冬の大統領候補者に訪問する予定であったが、相手の都合が付かず残念ながら実現できなかった。その為オプションでそれぞれ国民民族博物館・国立中央博物館・西大門刑務所歴史館などを視察した。

 明日は韓国観光公社を訪れ、長野県と韓国との観光による交流などについて意見交換をする予定である。韓国の食文化もしっかり親しんできた。あっという間の3日間であった。韓国の人達は日本の歴史認識について、色々認識の違いがあるように聞こえているが、決してそのような人達ばかりではなかった。日本を理解している人達も多いことも分かった。明日は帰国するため長野県議会日韓親善促進議員連盟の現地からの訪韓報告はこれで失礼する。最後までお読み頂き感謝します。