現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

小諸のまちづくりに支援を・・福島議員が質問・・

 29日 今定例会、創志会の一般質問最後の質問者、福島鶴子議員が「元気な小諸のまちづくり」に向けての県の支援について質問した。知事は千曲川の旅情に趣があり、商業都市としての思いがある。よき素材を生かして欲しい。まちづくりは新しいものを創るだけでなく、古い歴史を大切にすることが必要。と小諸について知事の思いを聞いたのに応えた。原土木部長は小諸市を支援するには道路の役目は大切だ。その為には複雑な現道の形態の見直しをするなど、市と協議を進めながら支援をしていくと、積極的な支援の姿勢を示した。

 0.1秒の節約の積み重ねを目標に、小諸市の選挙開票事務の改善をし、人数を削減したうえで開票時間も大幅に短縮した事例にならい、長野県選挙管理委員会としても各市町村に改善を進めるべきと、県選挙管理委員長に質問した。委員長は正確さを確保しながら時間を短縮したことは評価できる。小諸市の実例を参考にそれぞれ実情に応じて、改善するべくお願いをしていくと質問に応えた。

 障害者福祉事業で見直しがされようとしている、障害者の社会探訪する「希望のたび」事業について、継続をするべきと質した。藤巻社会部長は福島議員が障害者の家族が『希望のたび』に参加し、その後良い結果となった事例を挙げての質問に対し、非常に応えにくいがと前置きをしながら、支援の見直しの理由などを述べ廃止の方向の考えを示した。福島議員が再度考えを質したことに対し、基本的には廃止の方向であるが、請願も出され各会派も賛同されてもいるので、再度市町村や市町村社協に意見照会をし、意見を聞きなおし判断する。と見直しの見直しがありうると考えられる答弁がされた。

 創志会の各議員の一般質問は質問内容の課題を明確にし、各理事者から前向きな答弁を引き出していた。やはり各議員の学習量の多さと、会派での勉強会が質問に表れていると感じた。今後が楽しみである。