現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

今後に期待が持てた・韓国観光公社名古屋事務所の訪問

活動報告  

 20日 韓国観光公社名古屋支社へ長野県観光部(部長以下4名)と、日韓親善促進議員連盟(5名)の代表が韓国観光公社名古屋支社に訪れ懇談会が行われた。今年から復活した県名古屋事務所の職員や㈳信州・長野県観光協会の職員も同行し、熱心に意見の交換が行われた。議員連盟でこの5月に訪韓の折、韓国観光公社の海外マーケティング支援室長らと懇談した際、名古屋支社が窓口となり対応していきたいとの話を受けて行われた。

 萩原議連会長ほか同行した役員が自己紹介の中で、韓国との交流をこの懇談会を機会に素晴らしい事業の展開を期待したい。などと長野県と韓国との観光交流の促進に対する熱い思いを述べていた。久保田観光部長も機運の高いうちに伺ったと、県の積極的姿勢をチョン・ヨンス名古屋支社長に伝えた。チョン支社長も韓国では長野を良く知っているが、長野には力を入れてこなかった。お互いに助け合って新しい事業の展開をしていきたい。と今後に期待の持てる発言があった。更に、今までは日本人が韓国に訪れる人数が多かったが、今年は日本から韓国へ230万人、韓国から日本へ240万人と逆転していると、韓国へ観光客を誘致をする支社長の立場として苦悩な一面も見せていた。

 チェ・ビョンジ次長も韓国も中国や日本は大きなマーケットだ。全体の計画ビジョンを立てていきたい。観光地の案内板などの工夫など、行政の立場から盛り上げていくのも必要だと提案もしてくれた。関課長も長野県はスキー観光に特化しすぎてきたが、ゴルフの誘客にも力を注いでいきたい。スキー以外のオールシーズンの誘客の企画を県名古屋事務所を通じて、コミニュケーションを深めていきたいと考えの一端を語った。

 同行した呉・民団団長はこの夏、善光寺建立300周年を記念して、民団と長野市などと共催で大イベントを計画している。全国で民団の仲間は無宗教の善光寺の信徒として約500万人いるが、長野国際親善クラブと早くから交流を深めている。一度長野に来ていただきたいとエールを送りながらも、このような行事も生かしたらと提案した。

 いずれにしてもお互いに自国やわが県に誘客したい立場である。ただ誘客だけでなくお互いの交流を深めることが、誘客に結びつくものであることが認識された。チェ次長がこれからは一方的でなく、お互いの交流が出来ればいいと、何回か語っていたことが、それらを物語っていると思う。更に、チェ次長は今後韓国のスターなどを連れてのイベントなどを長野でも企画したい。逆にソウルで長野県のPRをする際は協力体制をとります。などと短い時間内であったが懇談会は今後に結びつく大きなきっかけが出来たと思う。

 議連副会長の立場で同行した服部議長の結びの挨拶のあと、今後の実務的話し合いを約束し名古屋支社を後にした。これからは私ども議連は側面からや後方支援の立場となるが、県観光部・県名古屋事務所などの積極的な企画や誘客にむけての活動に期待したい。