現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

私の意見 

 最近の報道を見聞きしていて気になることが多い。新聞やテレビを見ても視聴者に何を伝えようとしているのか。問題の本質が何であったのか。時を経つごとに問題の核心が見えにくくなってしまっていることが多い。これが知らないうちに「当たり前の事実」として視聴者(国民)に浸透していくことが恐ろしい。

 朝青龍問題がモンゴルで治療すると言うことで、最近その模様を伝える報道が多くなっている。「解離性障害」と私たちには馴染み薄い病名の治療となっている。確かに現在は精神的な病を治すことが先決であろうが、その発端となった腰の「疲労性骨折」はどうなったのであろうか。その為に巡業を休んだはずである人が、本国でサッカーを興じていた事実が発覚した。横綱としてのモラルの問題が問われたのである。

 あのサッカーを興じている映像を見る限り、腰が疲労性骨折しているなんて到底思えないが、弁明のない限り仮病と言われても仕方がない。仮病でなくても腰を完治しなければ横綱としての相撲が難しくなるのではないか。その核心であった「疲労性骨折」の治療についてはほとんど報道されず、責任が相撲協会だとか部屋の親方にあるとか、またモンゴルでの行動が云々と、的が外れた方向にエスカレートしている。文化の違うモンゴルでは本質を正しく報道しない限り、相撲協会などの処分に批判を向け、日本との関係も悪くなることも懸念されることになる。事の本質は何かを正しく見直し報道するべきではないか。

 県公共事業評価監視委員会の金子勝委員についての問題の報道もいかがかと思う。県土木部も手続き上や手法に反省する点は十分あるが、委員会に連絡もなく一度も出席しない上に、出席勧告依頼と思われる「意向確認」文書を受けておきながら何の連絡もしなかった金子委員の、県公共事業評価監視委員会における信義・信頼感・人間性・職務上の責任はどうなるのか。「田中派の委員排除か?」「反対する委員の排除か」と言う問題ではないだろう。ここでも一番本質的な問題から遠ざかっている。だからこの問題がぼやけてしまっているのだ。

 私は以前県会議員になってまもなく、県教育委員の同意案件が本会議に提案された。その委員候補は県教育委員として遜色なく崇高な識見をもたれていた、慶応大学院教授の金子郁容氏であった。私は当時テレビ出演も多く、高校改革問題など山積した県教育委員会の定例会以外にも、臨時的に開催されようとしていた委員会に、出席が出来るだろうかと不安が先であった。そのため、私は同意案件に反対を表明した。おそらく私一人だけであったように記憶している。

 しかし金子郁容氏は欠席もあったが、私の不安を見事払拭し委員会に出席されていた。どのように忙しくも公職である委員会委員を受けたからには、出席してその委員会に与えられた使命に基づき活動するべきと思う。同じ「金子」でも大きな違いがある。報道関係者ならずとも私たちの日常にも、問題の核心を離れた議論が如何に多いか反省させられる面がある。お互いに気をつけていきたいものである。特に影響力のある報道は注意していただきたいと願うものである。

|

県議会報告 
  24日 社会衛生委員会の東信地区2日目の現地調査が行われた。朝現地調査が始まる前に渡辺衛生部長から電話が入った。昨日の上田保健所の概況説明の中で医療従事者等数の資料に、医師や看護師などの市町村別の従事者数が、平成16年12月31日付けのデータが掲載されていた件の内容説明であった。国が2年に一度全国一斉に調査をしている数値である。直近は18年12月31日であるがまだ発表されていないとのことである。早速私の疑問にお答え頂き感謝したい。

 本日の佐久保健所の報告資料も平成16年12月31日の数値であった。小林佐久保健所長は概況説明の中で、数値が古い理由を渡辺部長と同様の説明をされた。毛利委員長ほかの委員も気にしていただけに、一様に納得まではいかないがうなずいていた。やはり今全国で医師不足等大きな問題になっているだけに、本日のように一言説明を加えるべきであろう。それにしても資料の数字は理解できたが、現在の長野県の医師不足等数字を示しているだけに、直近の長野県独自に調査している数字を報告してもらいたいと願うのは、私だけではないと思う。

 午前最初には佐久市立浅間病院の現地調査をした。浅間病院独自の病院経営がされ、市民病院としての責任と自信のようなものを感じた。佐久総合病院が浅間病院の2kmほどの地域に進出予定されているが、浅間病院の事実上の経営責任者としてどう思うかと質問した。院長は正式に話もなく佐久総合病院の進出は考えの中にない。とはっきり応えていた。当事者同士でしっかりと協議をし、佐久地区の中核病院として期待と信頼されているだけに、地域の皆さんの心配を早く解消させるべき努力していくべきであろう。

|

県議会報告 

 23日 社会衛生委員会の現地調査が東信地区で行われた。上田市の介護福祉養成施設「上田福祉敬愛学院」は、時代の要請とされている介護福祉の養成や、多くの福祉施設等を経営されている。しかしその経営は非常に厳しいとの説明であった。しかもこれから益々必要とされている介護福祉士を目指す学生が定員割れしていると言う。何故か国が目指す方向と現実が大きく乖離していることがここでも感じて取れた。介護福祉士など介護に携る人達の給与アップにつながる福祉事業の抜本的な見直しが必要ではないか。

 県営の菅平薬草栽培施設も現地調査をした。過去2年間田中県政の際、今まで管理人をおいて整備していた事業を廃止されていた。その間ボランテアとして草刈等お手伝いしてこられた人から、このままではせっかくの施設が本来の機能が果たせなくなる、と声をかけられたのをきっかけに昨年一般質問をし管理人を置いていただくことになった。何故か我が家に帰ってきたような気がした。

 昨年と比べてさすが手入れが行き届いていた。管理人をはじめ管理委託を受けている「長野県薬草生産振興組合」の皆さん、そして県衛生部薬事管理課の職員の皆さんの熱心な整備をしていただいた結果である。2年の放置は即元には戻らないが、懸命に復活させようとしている姿は見て取れた。本来の姿に戻すには数年の年月がかかると思う。それにしてもかけている経費は他の事業から見れば少なすぎると思う。至れり尽くせとは言わないが、ボランティアだけを頼ることは無理があると思う。しっかりとした将来ビジョンをたて、当分の間かけるべき必要な予算は注ぐべきと感じた。決して多額な金額を傾注しなくても出来ることだと思う。

 上田合庁では関係所管から概況説明があった。いくつか質問したいこともあったが限られた時間内で出来なかったが、説明の資料の中で一つ理解しにくいものがあった。終了後担当課長に私の考えを触れておいた。それは、上田保健所の概況説明の中で医療従事者等数の資料に、医師や看護師、歯科医師、薬剤師、保健師などの市町村別の従事者数が掲載されていた。今、医師不足・看護師不足など、まさに時の注目されている重要課題である。

 その数値の調査日が平成16年12月31日となっていた。これで現在所管する管内の現況を把握していると言えるだろうか。この頃は少なくても現在より医師等は充足されていたはずである。これだけ注目されている深刻な課題を、なぜ調査できなかったのだろうか。3年も前のデータで地域の医師不足を語り、その対応などできるのだろうか。

 本庁への報告はどうなっているのだろうか。本庁の衛生部もそんな古いデータを受けて医師不足云々を言えるだろうか。平成16年度と平成19年度と数値が仮にそっくり同じであっても、今これだけ全国的に大きな問題となっている現実をどう感じているのか。少なくとも管内の数値を調査するにしても一日あれば把握できるはずだと思う。上田保健所は所長以下猛省をし意識改革をするべきである。もし、あえて平成16年度の調査数値を掲載した事に、特別な理由があるならばいつでも説明を受けたい。納得が出来ればこのブログで皆さんに改めてお知らせしたいものである。

|

活動報告 

 20日 『ボイス81』佐久地域会議が佐久合同庁舎で行われオブザーバーとして出席した。村井知事は、県と市町村との間で壊れていた関係を再構築する一年であったが、初期の目的はほぼ達成されたと思う。今回策定中の県中期総合計画は、県民と一緒に協働作業でなければならないと思っている。本日の会議も県民と一緒に作っていくための作業の一環です。と冒頭にこのような内容の挨拶をされた。中期総合計画の審議会答申素案の説明のあと、各市町村長からそれぞれの地域の課題について説明や要望が出された。

 全般的に単なる陳情要望の域から踏みだし、市町村長の独自の考えに沿った提案も示され、村井知事も板倉副知事も地域の課題から逃げず、真正面から回答していたことに好意を持てた。総体的に前回の会議より前進した内容と感じ取れた。逆に県議会議員として密度の高い地域活動が不足していたのではないかと、自らの活動に反省をさせられた面もあった。本来であれば一緒に地域の課題を話し合い、その解決策を見出す努力が必要ではなかったのか、などと感じるばかりであった。しかし、知事が直接市町村長の意見を聞くことにより、よりスピーディーに課題処理が可能であることは紛れもない事実でもある。

 県議会議員としての活動のあり方も、今後に向けて軌道修正も時に必要なのかなと、オブザーバーとして出席して感じた会議であった。町村長が訴えた南佐久地域の課題は、私が感じて取り組んでいる課題と同じであったことは、せめて私の日常活動が違っていなかったことに、いささか自負の思いになれたことだ。今後も自分の目線を地域住民の皆さんと同じにし、与えられた権能の中でしっかり取り組んでいきたいと思う。

|

私の意見 

 15日 同僚の金子ゆかり議員のはからいで諏訪湖花火大会を、創志会の仲間と初めて桟敷席で見させていただいた。感動の連続で素晴らしいひと時をすごすことができた。この諏訪地方はこの諏訪湖花火大会や御柱祭など、全国的にも有名なイベントや祭が開催されている。この影には多くの皆さんの支えと、伝統を受け継ぐ心があってこそと、地域の皆さんの熱意に頭が下がる思いである。

 腹の虫が切れるほど(?)五体に響き渡った花火の轟音と、夜空に広がった美しい色鮮やかな大輪が、自分の脳裏にはち切れんばかりに納め、その余韻を残しながら桟敷席を後にした。その帰りに驚いたことは、至る所に楽しみながら飲んだり食べたりしたはずのビンやトレイや袋などが散乱していた。自分だけ楽しめば後は関係ない。おそらく誰か掃除してくれるだろうなどとも思っていないだろう。若者だけとはいわないがマナーの悪さに情けなくもなり、素晴らしい余韻を打ち消すような光景を見て心を痛めた。

 次の日のニュースの中でボランティアの皆さんが、朝早くから大勢が参加され後片付けをしている姿を見るに付け、一層悔しさが増してきた。確かにごみの袋を持って歩くのは恰好が悪いと思っているのかもしれない。しかし大会本部でも「最寄りの出口に用意してある回収所に入れてください」と言う内容のアナウンスがされていた。ものの数秒間の作業をすれば出来ることである。みんなが汚していくから私もでなく、私から率先して片付けて帰ろうと思って欲しいものである。しかもせめて、他の人の分までもしなくも、「自分の食べたり飲んだりした分だけ」を片付けてくれればすむことである。

 教育だとか躾だとか語っていても拉致があがらない。もちろん長い将来のために即刻それらを教えていくことは、真剣に取り組んでいくべきではあるが。今できることは、社会全体でそのイベントや祭に参加した人達が、勇気を持って「自分の出したごみは片付けていこう」と声を掛け合っていくことが必要ではないか。根気よく粘り強く、繰り返し一人でも多くの人が声を掛け合う運動をするべきではないか。自らが体験して初めて、当たり前のことであるが清掃に協力できた爽やかさが、その人の体に染み付いていくものと思う。最初はいやいやながらでも良い、繰り返し実践することで片付けることが当然となって来るのではないだろうか。

 特に若者の場合、散らかしたままで誰が片付けてくれるのかも考えない『この行動』は、将来自分の子供たちに片付けなさいと言えるのだろうか。今すぐどこの地域のイベントや祭などの際、お互いに声をかける運動を起こしていこうではないか。普段は他の国から見ればごみも少なく美しい周囲の環境である日本、イベントや祭のときだけは特別扱いにすることはない。悪しき慣習は改めていくべきである。私は常に袋を小さくたたみ携帯するよう心がけている。これからは私も率先して声をかけていくことにしたい。

|

私の意見 

 8月6日の活動報告の「実態と法の乖離に苦しむ現実」中で文章の間違いがあったので訂正させていただきたい。活動報告の行政書士会農地部会に参加したときの意見を述べた箇所である。文章では〔これも法を無視してまで農地を守るべきとは言わないが、知恵を絞れば農地を守っていくことは可能であろうと思う。〕とあるが、『これも法を無視してまで農地を解放するべきとか、農地の処分を緩和するべきとは言わないが、知恵を絞れば第三者の手(田舎暮らし希望者等)によって、農地を守っていくことは可能であろうと思う。』と訂正したい。なお、8月6日のブログ記事は本日付けで訂正いたしました。

 永田町では先の参議院議員選挙で自民党が大惨敗し、その後の議論が錯綜している。自民党代議士会で小坂憲次先生が野球のピッチャーを例に、安倍総理の政治姿勢にクレームをつけていた。これを自民党内や政局を混乱にさせると捉えるか、国民の判断を真摯に受け止め、総理の目線を国民に向けようとしているためと捉えるか、受け止める人によって異なると思う。私は勇気ある発言として評価したい。

 安倍総理の進めようとする政治は理解できる。しかし政治の手法手段とそのときの情勢判断を誤ることがあっては国民にしわ寄せとなる。今回の選挙結果は自分が退陣するしないは別としても、選挙で訴えてきたことの結果が現われた現在、自分の基本は守るにしても手法手段は軌道修正し、国民の判断を受け止めていくべきではないか。今までの自民党は「何とかなるだろう」意識で幹部数人の考えで、そのときの政局を乗り越え国民の負託を受けた代議士先生も文句も言わずに追随してきた感がある。

 それを、ご本人のいる前で堂々と反省を求めることは素晴らしい行為であると思う。私たちが4年前に当選させていただいた長野県議会は、まさに当時の県議会の判断を県民は『ノー』との判断をしたのではないだろうか。その後の県会は私の聞き及ぶ範囲にいて、以前の県議会から大きな変革がされたと思う。お互いが切磋琢磨しながら会派を超えて議員としての意見を述べ合い、その中で長野県議会としての議会改革が進んできたと信じている。

 それを思うと小坂先生の行動発言は評価できるものである。しかし、政局を混乱させるのでなく、真に国民に目を向けた国会議員として、一日も早く国民が下した判断の結果を踏まえ、まず政権与党の責任政党としての良識ある政治姿勢と態勢づくりをし、国民の負託に応えていただきたいことを期待したい。方や民主党にとっても選挙の大勝利におごらず、いたずらに国会を混乱させる事のないよう、責任ある国会対応を望むものである。お互いに党利党略のためでなく、国民を主体とした政治を願うものである。このことは私たち県議会議員も国の姿に重ね合わせ、もう一度県政・県議会運営を見直す良いチャンスであろう。

|

活動報告  

 先週から地域の皆さんが何かと相談にこられた。私だけでは判断できないような相談も多かった。専門的知識を持っている皆さんにつなぎ回答を頂いたりして応じてきた。皆さんいろいろの悩みをお持ちである。かつて私もそうであったが、相談できる相手がいることは良いことだと思う。そのとき満足できる解決策がなくても、必ず相談することによって結果は表れてくるものである。

 相談のなかには県も絡む話もあった。詳しい話はご報告できないが、過去にTさんに関わる土地交渉もほとんどまとまらなかったことがある。それが県にとってもその所在町村にとっても重要な箇所が多かった。そのTさんが理由あって土地を処分したいとのことである。一瞬話を疑ったが事実であった。何とか協力してやりたい。その事によって他の懸案事項も解決できれば、と思いつつ関係部署と協議をさせていただいた。法を曲げてまで無理させるつもりはないが、知恵を絞ることで解決の糸口が見出されるのであれば、そう願いたいと思う。

 行政書士会の農地部会の研修会に参加させていただいた。県職員や市職員が講師となり研修が行われた。農地法や農振法は当然ながら日本の農地を守ることが主眼に置かれている。しかし、後継者がいなくなり荒廃農地となっていたり、農家の空き家に定住を希望する県外者が、周辺の荒廃農地を利用して農業したいと思っても、法の壁で希望を叶えることはできない。このことは2月定例会の代表質問で触れた問題であるが、未だにその矛盾を晴らすまでに至っていない。これも法を無視してまで農地を解放するべきとか、農地の処分を緩和するべきとは言わないが、知恵を絞れば第三者の手(田舎暮らし希望者等)によって、農地を守っていくことは可能であろうと思う。田舎の自然の原風景を守るためにも、団塊の世代の人達のリタイヤ後の生きがいを手助けするためにも、やはり工夫はしていかなければいけないと思う。大いに色々な立場の人達と議論を高めていきたい。

|