現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

議員としての活動を考えさせられた『ボイス81』

活動報告 

 20日 『ボイス81』佐久地域会議が佐久合同庁舎で行われオブザーバーとして出席した。村井知事は、県と市町村との間で壊れていた関係を再構築する一年であったが、初期の目的はほぼ達成されたと思う。今回策定中の県中期総合計画は、県民と一緒に協働作業でなければならないと思っている。本日の会議も県民と一緒に作っていくための作業の一環です。と冒頭にこのような内容の挨拶をされた。中期総合計画の審議会答申素案の説明のあと、各市町村長からそれぞれの地域の課題について説明や要望が出された。

 全般的に単なる陳情要望の域から踏みだし、市町村長の独自の考えに沿った提案も示され、村井知事も板倉副知事も地域の課題から逃げず、真正面から回答していたことに好意を持てた。総体的に前回の会議より前進した内容と感じ取れた。逆に県議会議員として密度の高い地域活動が不足していたのではないかと、自らの活動に反省をさせられた面もあった。本来であれば一緒に地域の課題を話し合い、その解決策を見出す努力が必要ではなかったのか、などと感じるばかりであった。しかし、知事が直接市町村長の意見を聞くことにより、よりスピーディーに課題処理が可能であることは紛れもない事実でもある。

 県議会議員としての活動のあり方も、今後に向けて軌道修正も時に必要なのかなと、オブザーバーとして出席して感じた会議であった。町村長が訴えた南佐久地域の課題は、私が感じて取り組んでいる課題と同じであったことは、せめて私の日常活動が違っていなかったことに、いささか自負の思いになれたことだ。今後も自分の目線を地域住民の皆さんと同じにし、与えられた権能の中でしっかり取り組んでいきたいと思う。