現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

本質に離れた議論や報道に思う

私の意見 

 最近の報道を見聞きしていて気になることが多い。新聞やテレビを見ても視聴者に何を伝えようとしているのか。問題の本質が何であったのか。時を経つごとに問題の核心が見えにくくなってしまっていることが多い。これが知らないうちに「当たり前の事実」として視聴者(国民)に浸透していくことが恐ろしい。

 朝青龍問題がモンゴルで治療すると言うことで、最近その模様を伝える報道が多くなっている。「解離性障害」と私たちには馴染み薄い病名の治療となっている。確かに現在は精神的な病を治すことが先決であろうが、その発端となった腰の「疲労性骨折」はどうなったのであろうか。その為に巡業を休んだはずである人が、本国でサッカーを興じていた事実が発覚した。横綱としてのモラルの問題が問われたのである。

 あのサッカーを興じている映像を見る限り、腰が疲労性骨折しているなんて到底思えないが、弁明のない限り仮病と言われても仕方がない。仮病でなくても腰を完治しなければ横綱としての相撲が難しくなるのではないか。その核心であった「疲労性骨折」の治療についてはほとんど報道されず、責任が相撲協会だとか部屋の親方にあるとか、またモンゴルでの行動が云々と、的が外れた方向にエスカレートしている。文化の違うモンゴルでは本質を正しく報道しない限り、相撲協会などの処分に批判を向け、日本との関係も悪くなることも懸念されることになる。事の本質は何かを正しく見直し報道するべきではないか。

 県公共事業評価監視委員会の金子勝委員についての問題の報道もいかがかと思う。県土木部も手続き上や手法に反省する点は十分あるが、委員会に連絡もなく一度も出席しない上に、出席勧告依頼と思われる「意向確認」文書を受けておきながら何の連絡もしなかった金子委員の、県公共事業評価監視委員会における信義・信頼感・人間性・職務上の責任はどうなるのか。「田中派の委員排除か?」「反対する委員の排除か」と言う問題ではないだろう。ここでも一番本質的な問題から遠ざかっている。だからこの問題がぼやけてしまっているのだ。

 私は以前県会議員になってまもなく、県教育委員の同意案件が本会議に提案された。その委員候補は県教育委員として遜色なく崇高な識見をもたれていた、慶応大学院教授の金子郁容氏であった。私は当時テレビ出演も多く、高校改革問題など山積した県教育委員会の定例会以外にも、臨時的に開催されようとしていた委員会に、出席が出来るだろうかと不安が先であった。そのため、私は同意案件に反対を表明した。おそらく私一人だけであったように記憶している。

 しかし金子郁容氏は欠席もあったが、私の不安を見事払拭し委員会に出席されていた。どのように忙しくも公職である委員会委員を受けたからには、出席してその委員会に与えられた使命に基づき活動するべきと思う。同じ「金子」でも大きな違いがある。報道関係者ならずとも私たちの日常にも、問題の核心を離れた議論が如何に多いか反省させられる面がある。お互いに気をつけていきたいものである。特に影響力のある報道は注意していただきたいと願うものである。