現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

19年度・9月定例が開会される

県議会報告 

 27日 9月定例会が開会された。知事は台風9号等の被災箇所の早期復旧に向け、本定例会に補正予算案として必要経費を計上し、引き続き災害に強い県土づくりに全力を挙げて取り組んでいくと、冒頭に災害復旧に対する考えを示す挨拶をされた。続いて念願の中期総合計画の「計画の基本的な考え方」について答申を受けたことを踏まえ、新しい時代に相応しい長野県を築いていく道筋を示す中期総合計画を、県議会のご審議をいただきながら、速やかに策定していきたいと、これからの県政の指針となる中期総合計画の内容に自信と思える考えを示した。

 本年度の財政見通しについては、県税収入は堅調に推移しているが、地方交付税の配分額は現計予算額を27億円程度下回る見込みと、厳しい財政運営が予想されると、苦しい現況の報告があった。その状況の中の一般会計補正予算案は、近年になく約13億円と小額な計上となっている。主な中身は災害復旧への対応に7億2千万円、県内に定着する研修員の確保を図るとして2785万円、子育て相談などを行う地域子育て支援拠点づくりに1億1488万円、障害者の就労訓練に必要な設備等に助成するために1億8千万円などとなっている。中期総合計画策定中とはいえ、やや政策的施策がかけていることは否めない事実である。各委員会での活発な議論展開に期待したい。

 本日の本会議のあと、一般質問の順番を決める抽選が行われた。私は10月2日の午後、同僚宮本衡司議員の次に行うこととなった。初日も初めてであるが発言時間も11分と短時間もはじめてである。質問予定項目は①災害時に応急措置に協力した業者の対応について、②野生鳥獣による農林業等の被害対策について、③仮称森林税の使途について、を土木部長や知事及び林務部長に質問する予定である。ちょっと欲張った質問内容であるが、何とかこなしていきたいと思う。傍聴にお出かけ頂き、ご批判ご指摘を頂ければと思う。