現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

複雑な思いで意見を集約・・長野県中期総合計画(案)・・

活動報告 

 29日 創志会総会を開催し「長野県中期総合計画(案)」について、県議会中期総合計画研究会として議長に最終報告するために、会派としての意見を取りまとめた。決算特別委員会など公務で欠席者もいたが、じっくり意見の交換をした。しかし、一方で県は最終案として公表をした。公表してから会派の意見を取りまとめ提出したものを、どのように反映していくのだろうかと疑問を感じながらの作業であった。

 創志会としても今までも中期総合計画案について何回か検討をしてきた。しかし検討会はしたものの、残念ながら明確な提案事項については少なかった。研究会に参加している金子議員と私は、会派の検討会の中に出た意見を集約して会議で発言してきた。今日はこれが最後の意見を加えることが出来る(?)のかなとの思いや、今になってこのような意見を提出して、果たして修正できるのだろうかなどと、県が最終公表をした現在やはり複雑な思いである。

 それも単純な文言を加えるだけならともかく、総体的にインパクトが弱く、県民の皆さんが「よし、この計画に沿って、みんなで頑張っていこう」と行動を起こさせるだけの響きが感じ取れない。それだけに多くの提案意見が出たが、場合によっては最終案の根底を覆すほどのものもあった。せめてこのくらいの意気込みで県民の皆さんと計画推進に当たって、行動を共にしていかなければとの思いで、明日30日の締め切りを前に意見を集約した。検討していく中で「この部分は村井知事がリーダーシップを発揮して、もっと明確に県の施策を示すべきだ」との意見など多数出たが、数点に絞り創志会としての意見を提出することとした。果たしてどれだけ反映できるだろうか。
意見集約結果は次の通りとした。

      中期総合計画(案)について、会派意見の取りまとめ(創志会)
                                          平成19年10月29日

1 長野県中期総合計画(案)の説明資料全般からの意見

* これからの長野県づくりの方向、挑戦プロジェクトなどで、計画書を一目見て県民一人ひとりが何をするべきか、県民が本気で挑戦する気にさせるだけのテーマ等の文言の工夫が必要である。
・ 計画案の中身は概ね理解できるがキャッチフレーズを明確にするべき。
その為に次の提案をいたします。

* キャッチフレーズ等の提案
・ 一人当たり県民所得全国レベルへの挑戦➡を➯長野県の県内総生産額(GDP)を10兆円に挑戦します。(経済成長)
・ 次代を担う多彩な人材育成県への挑戦➡を➯日本一の教育県への挑戦をします。(人材の育成)
・ 出産・子育てにやさしい県への挑戦➡を➯長野県の合計特殊出生率を日本一に挑戦します。(少子化)
・ 地球温暖化対策先進県への挑戦➡を➯地球環境サミット招致に挑戦します。(環境・観光)

* 文言の追加
145pに、「自然エネルギーの開発(バイオエネルギーの開発)」の文言を入れる。
57pに、「日本の屋根(アルプス連邦)を世界遺産にエントリーをする。」の文言を入れる。

2 その他
・ 23pの項は、市町村が主役の元気な県づくりへの挑戦としながらも、助言等を通じ
て支援しますなど、総体的に県の姿勢が見えにくい。9月定例会で市長会の陳情を採択した経緯もあり、県のリーダーシップを示すべき施策をするために「市町村合併の枠組みを提示する」の文言を明確に記載するべきである。(分権移譲を受け入れできるために)
・ 長野県「ロゴ」・「キャッチフレーズ」を募集します。の説明に、長野県中期総合計画(案)に
おける「基本目標」、「めざす姿」及び「挑戦プロジェクト」からイメージする長野県を分かりやすく、親しみやすく表したものとしてください。とあるが、基本目標等が県民に分かりにくいので、分かりやすい文言に改めるべき。