現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

厳しい日程を消化した一日

活動報告 

 5日 第5回長野県議会中期総合計画研究会が議会棟で開催された。県が進めてきた中期総合計画案の大詰めを向かえ、先般各会派から意見を提出することとなっており、意見を提出した自民党県議団と創志会からの説明と、県の数値目標が改めて示された。私どもは先にこのページでご報告したとおり、「県民が計画書を一目見て、県民一人ひとりが何をするべきか、県民が本気で挑戦する気にさせるテーマ等の文言が必要である」こと等を説明した。自民党県議団も何項目か指摘がされた。いずれも研究会としては議長に会派からの意見として報告し、各党派代表者会議に委ねることとした。今後数値の問題等も検討し12月定例会前に研究会としての研究結果を議長に報告することとなるが、理事者側がどこまで議会の意向を取り込むことが出来るかが注目される。

 研究会終了後、創志会の県外視察先の、京都府に行き京都府温暖化防止センターで仲間と合流し視察研修をした。視察結果は後日ご報告したい。