現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

活動報告 

 23日 「道路特定財源堅持を求める都道府県議会議員総決起大会」が、東京永田町の憲政記念会館で開催され、県内から4会派(自民、改革・緑新、創志会、県ク)から14人が参加した。全国から44県約450人が参加され、来賓には吉田博美参議院国土交通委員長や与党の政党役員のほか、民主党・国民新党などからも出席されていた。特に民主党の大江参議院議員は壇上で挨拶もされ勇気ある行動に感銘を受けた。

 石原東京都知事も急遽参加され挨拶をされたが、東京も道路の整備がされているとはいえ、都内を走る車の平均速度は18k/hで、その渋滞の損失は計り知れないと語られていた。また、中村和歌山県議会議長や立谷相馬市長、西本必要な道路整備を進める女性の会代表の意見発表では、今まで道路特定財源や暫定税率の財源で、主に都市の道路整備を進めてきたが、地方は一切の不平不満も言わなかった。いよいよ地方の整備のときになったら、暫定税率を撤廃し道路は要らないと言うことは納得いかない。地方にとって道路は生活の一部だ、家族と生活を守るための道路だなどの意見が出された。

 本日の総決起大会においては会場全体の熱意も感じ取られ、この情況では国民の理解も得られ、暫定税率の維持は大丈夫だろうと参加した議員たちは思えたに違いない。しかし、議会村・行政村・役人村と国民の民意は大きく隔たりがあることを認識しなければいけない。私たち長野県は県のトップを選ぶ際、身近で苦い体験しているのである。民意は失礼ながらその時得た感触で行動をされる傾向になっている。しかし一度の過ちの行動で何年間(長野県は6年間)も苦労しなければならない。それらを修正する年月とエネルギーは大変である。これらの行動で県民や国民を非難することは出来ないが、本日の大会の中でも主張されていたが、今私たちが国民に実情を知らせなければならないのである。

 暫定税率撤廃により道路が出来ない、維持できないだけの問題ではない。原油精製で生まれるナフサもこの暫定税率から得た税金が投入されている。それがゼロになれば塩ビ系製品をはじめ、あらゆる生活用品や建設資材など広範囲にわたって、国民の生活に影響が出ることは必然である。黙っていても県民の皆さんは分かってくれるだろうでなく、情況を知りえている議会村・行政村・役人村の関係者は積極的に理解を求める努力をするべきであると思う。そうでなければ気勢を上げ自己満足しているのは、議会村・行政村・役人村の関係者だけで、気がついてみたら肝心の民意(国民)は「25円安いガソリン・暫定税率は撤廃でよい」の方向に向いてしまっていることも考えられる。今こそ議会村・行政村・役人村の関係者は行動を起こす時と考える。いかがだろうか。

|

私の意見 

 国会では21日から代表質問が始まった。いつの国会においても私たち国民は国会の論議には関心を持っている。今国会は特に民主党が「道路特定財源見直しや暫定税率廃止」に向けて党決定し、政権交代を訴えている。生活者を重視するため、ガソリンが1リッターあたり約25円安くなり、道路は全てきっちり造る、高速道料金は無料にする、などと国民にとっては願ってもない政策を主張されている。私もその通り実現できるものなら大いに期待したいものである。

 しかし、その財源はどうなるのだろうか、どこから捻出されるのか、その点は明らかではない。暫定税率が30年も継続していることの批判は、政府与党ばかりでなく全ての国会議員に責任がある。現在の財政事情から地方の道路(都市部の道路建設のほうが延長距離は短くても高額な事業費を必要とされているが)を計画通り推進するために、必要な財源がこの暫定税率しかないとするならば、暫定税率でなく本則を改正するべきではないか。むしろこのような議論を与野党で真剣に取り組むべきではないか。

 少子高齢化時代を迎え年金問題や医療福祉政策は避けて通れない問題である。その支援策と負担割合はどうするのか。その財源はどうするのか。消費税は上げないで暫定税率は撤廃し、道路特定財源は一般財源化するというが、国民の生活を本当に考えて主張しているのだろうか。暫定税率を廃止した際の地方の財源不足による弊害となる数値が示されているが、しっかり打ち消すことが出来る施策をもっているのだろうか。それらを国民が納得できる根拠ある説明がなされて始めて受け入れられるのではないだろうか。この問題で政局にするべきではないと思う。国民が迷惑である。

 二大政党だからこそ責任ある政策を主張され、国民の理解が得られ、国民が納得し期待がもてると判断されたとき、初めて政権交代となるのではないか。そのときは支持政党を超越し拍手を送ることになるであろう。党利党略で国民のための政策を議論してもらいたくない。

 先日ある会議に出席し雑談となった。参会されている人達は全て私を支援いただいている皆さんである。当然ながら暫定税率について質問が出され、私なりに説明をさせていただいた。私に最初に話しかけた人は、どちらかと言えば旧社民党系の人であったが、暫定税率の廃止に非常に不安があるので廃止するべきではない、語っていた。するとその前にいた私と同年の人は、「俺はガソリンが25円安くなったほうがいい。暫定税率は撤廃すべきだ。」と語り始めた。私も25円安くなったほうが良いが、その財源はどうするのか。それ以上に地方の行政も経済も成り立たなくなることを説明した。最後は「俺は民主党を支持しているから」と言い出した。

 私はその彼が昔から民主党支持者であることは承知しているし、私の後援会の役員でもある御仁である。(民主党と言うより、元自民党のある代議士の支持者である)◯◯さん民主党を支持することは、あなたの意志で選択すればよいが、私は自民党がよいとか、民主党がいけないといっているのではない。どの政党を支持していても、国民にとって不利益になるかならないかよく見極めていこう。少なくともこの問題は25円安くなるから良いという問題で片付けられない、地方にとって奥深い問題を抱えているんです。と概ねこのような会話を大勢の前でやりあった。

 険悪な雰囲気になりながらも議論はせざるを得なかった。私の知りえていることが一方的な内容かもしれないが、県議会議員として知りえて、知らせなければならない立場であるからである。その上で友人も判断していかれることは彼の責任において行えばよいことである。もちろん会の終了時には、喧々囂々と議論はしても友好な関係は壊さないで別れた。1人区の議員として、このような議論をすることや、ブログにこのような考えを述べることは正直勇気がいる。しかし自分が議員を意識する余り何も言わないで、その場だけ取り繕うだけの議員にはなりたくない。知りえた知識と情報は県民に等しく伝え、その意見を聞き、議論を重ね、共に地域づくりが出来るものと信じている。

 あらためて国会の与野党の先生にお願いしたい。国民の生活にとって大事な施策については、党利党略だけで議論するのでなく、本当に国民のことを考え議論をしていただきたい。県議会も県民の皆さんと県議会と大きく乖離するようなことのないよう、しっかりまともな議論をしながら、説明責任を果たすために、今後も積極的に日常活動をしていきたい。

|

活動報告 
 18日 創志会の今年度の活動方針や政務活動計画を決める総会を開催した。
昨年、県議会議員として新しい4年の任期の信任を得て、政策集団として発足した創志会の一年は、個々の議員の経験と豊かな個性を尊重し、それらを活かした会派活動を展開してきた。それぞれの県政に対する思いが十分に達成できたかは自らが評価しなければならないが、会派を結成している限り会派の活動も相互に評価し20年度に活かす必要がある。それらの総括をし、新年度に向けての活動について意見を交わした。

 中期総合計画も「基本計画の議決等に関する条例」に基づき、県議会として透明で計画的な基本計画作成に参画してきた経緯を重く受け止め、「思いつき予算」から「計画的予算」となった事業内容をより精査していかなければならない。その為に掲げた数値に対する達成度のみを短絡的に追求することなく、現在及び将来に向けて「真に県民のための施策」であるか議論を深め、必要とあれば見直しも積極的に提案していくことも考える必要もある。

 「長野県森林づくり県民税」の具体的施策や医師確保問題、鳥獣被害対策や高校再編問題、道路特定財源や暫定税率の維持・延長の如何による県の道路行政の行方などなど、20年度の県政は極めて重要な局面を迎えている。したがって、県民のための県政施策の良否を最終判断する県議会として、県民の付託に応え得る判断力をつけるためと、責任ある議決を行使するために、積極的に調査研究を実施し、今何を発言しどのような行動を起こすべきか、情報と知識の交換をするなど更に充実した会派活動が求められている。その為にも政策集団「創志会」として、より一層県政課題や県議会の課題解決に向けて、更なる集中と結束を図りタイムリーな課題を積極的に調査することとした。

|

活動報告 

 11日 新年も10日を過ぎ佐久地方の「どんど焼き」も、15日に実施するところもあるが大半は終了した。いよいよ出初式も終了し各団体の新年会や賀詞交換会が開催される時期となった。連日の開催で時間を間違えてしまうほどである。今日は長野県薬業協会の新年総会並びに平成19年度薬事関係表彰受賞者祝賀会が開催された。今日の参加は服部議長の代理出席のおまけもついた。

 薬業関係の仕事は、時にはその扱いを間違えると人命にも影響を及ぼすものであり、慎重な扱いが求められている。私も時には薬局で薬を買うことがあるが、以前病院で診察を受けたときと同じような症状の場合、そのとき処方して頂いた薬をお願いしたことがある。しかし、その薬局ではこの薬は医師の診断を受けてからでないと処方できないと、はっきり断られたことがある。薬局はしっかりとコンプライアンスを遵守されたのである。断れたことによって「信頼」が一層増したものである。

 たまたま、本日の参議院で薬害肝炎救済法が成立され、長年にわたって血液製剤「フィブリノゲン製剤」と「第9因子製剤」により感染した、C型肝炎ウイルス感染被害者との全面和解の手続きに入り、全面解決・終結に向かうこととなった。開発された新薬の許認可には、より一層慎重に判断してもらいたいものである。和解に至るといっても救済金がいくらになろうとも、一生健康を損ねたまま生活をしていかなければならない被害者の、人生と気持ちを考えると複雑な心境である。今後二度と同じ過ちを繰り返さないよう願いたいものである。

 本日の午前中には建設業協会南佐久支部の新年賀詞交換会に出席し、挨拶の機会を頂いたので「道路特定財源と暫定税率」について、もし中止及び廃止となった場合の長野県の道路事情はどうなるのか話をさせていただいた。話をしている自分自身がその結果起こり得る情況を想像したときに、体に悪寒が走ったものである。この問題こそ党利党略だけで議論をするべきではない。国会議員はもっと冷静になって国民のことを考えた、全うな議論をしていただきたいものである。

|

活動報告 

 6日 5日から南佐久地区の各町村の出初式が始まった。昨日は川上村消防団、本日は北相木村消防団、明日は南相木村消防団と12日までに全町村で開催される。人口減少化時代に入り各町村の消防団も、団員の減少は深刻な問題となっている。しかし、川上村は300余名の団員による出初式であった。聞くところによると、ほとんどの団員が後継者であるそうである。藤原村長も誇りであると訓示で触れていたが、おそらく全国的にも村人口総数から見て有数な保有団員数であろう。しかも村内での従事者であるため、有事の際も団員がいないという心配はない。他の町村から見ればうらやましい限りである。その反面北相木村は40人余の団員数である。村の人口の絶対数が少ないとは言え、40人の中で村外勤務者が少しでもいれば、常設消防が隣接する町にあるとは言え、有事の際どうなるのだろうかと心配である。

 このように南佐久の町村では消防団の環境も、ますます住民の期待に十分応えることができる環境ではない情況になってきている。広域消防が叫ばれている現在、広域消防化を決して否定するものではないが、常設消防の更なる充実化した上で検討を加えていく必要があると考える。山村地域の初期消防を担う消防団が機能してこそ、被害を最小限にくい止める事が出来るが、地域で就労されている団員が少ないとなれば、常設消防の充実がより求められるのではないだろうか。

 広域化の全容が見えない情況で結論を急ぐべきではないと思うが、各町村の出初式に参加して年々団員の減少の深刻さが目に付いてきている。常設消防と消防団のあり方について、早急に環境整備をしていかなければ、妊婦の受け入れ先がなく大事に至ってしまう医師不足の現況と同様に、有事の際の対応が出来なくなってしまってからでは遅い。出初式に参加して、対策は急ぐべきであると感じている毎日である。

|

私の意見 

 新年明けましておめでとうございます。
昨年は新潟中越沖地震から始まり、台風4号・9号などの災害により、県下も大きな被害を受けた年でありました。また、年金問題から医師不足問題、薬剤補償問題などなど、国民にとって大きな不安を残したまま結論を年越しとなりました。更には食品の偽表示問題も国民の信頼を大きく損なうものでありました。日本の経済も一部の産業を除いて、総じて下降気味となり先行きが心配される折に、原油の高騰により不安に拍車をかけた年でもありました。このようにマイナス要因を抱えたまま新しい年を迎えた平成20年、国民にとっても平穏・安寧の年となることを願いたいものである。

 人からの受け入れであるが、今年の干支は戊子(ボシ・つちのえ・ね)で、「戊は茂なり」と言われるように樹木の盛んに繁茂する様子を示しているそうです。森林税で学習したとおり、樹木が茂りすぎると樹木がだめになってしまいます。そこで思い切って茂った枝葉を選定しなければなりません。森林で言えば間伐をすることになるでしょう。「子・シ」は滋(ジ)で増える・しげることを表しているそうです。

 戊子の本年は、ふえる・しげるの意味が重なっており、万事万物が繁栄し発展していく良い年となるとされています。ただし、物事は繁栄しすぎると、それに伴って難しい問題も発生するそうです。したがって、本年はその繁栄と発展の過程の中に、破綻を招く「きざし」がないか絶えず気をつけて、私心に捉われずに、過ぎたるものは「果断・果決」し、実行していく見識が求められるとされています。

 日常の煩雑な諸問題に対して、良い結果を得ようと思えば思うほど、賢明にかつ勇敢に果断・果決しなければなりません。国政も県政も民のために方向を間違わず、安全安心な生活が営めるよう果断・果決し、繁栄・発展を導いていただきたいものである。私たち県議会議員もその責任の一端を担い、今年一年県民の皆さんのために最大限の努力を惜しまず職務を全うしたいものである。今年一年皆様にとって良い年となりますことをお祈りし、私の新年のスタートとしたい。

|