現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事一覧ページ

県議会報告 

 20日 2月県議会定例会が開会された。村井知事は召集挨拶に続いて、本議会に提案した議案の提案説明では都市と地方の格差拡大の問題、地域の担い手不足により地域の活力の減少が危惧される問題、原油高やサブプライムローン問題など、県内外の現状の認識を示された。その上で、「これからの県づくりは、時代の潮流をしっかり見極め、県民と県づくりの方向性を共有し、知恵を出し、汗をかき、自助・共助・公助による「県民の総合力」で進めることが不可欠であります。」と現状認識と方向性を明確に示された。そして、これら本県に直面している様々な課題に対し、困難ではあるが達成させなければならない。そのために、今後5年間の道標となる中期総合計画の推進と合わせ、これらの重要課題にも適切に対応していく、と力強く方針を示された。

 平成20年度の県財政は、景気の情況から法人関係税の伸びが抑えられ、地方交付税の大幅な減額が見込まれることなど、歳入の確保が困難である中で、社会保障関係経費や団塊の世代にある職員の退職に伴う退職手当が増加するなど、厳しい財政状況が続く見通しを示した。このような諸情勢を踏まえての20年度予算は、①中期総合計画の初年度として計画を着実に推進する。②県政が抱える喫緊の課題に迅速かつ的確に対応する。③行財政改革プランに沿って財政の健全化を一層推進する。とこの3点を基本に編成したと、厳しい県財政の中での20年度の県政運営を示した。

 このような背景から生まれた20年度当初予算に対し県議会として、現在の県民に対し即やらなければならない課題、未来の県民に向けられる課題に対する思いやり(今県政に携っている者が、未来の長野県民のために、今、的確な判断をして長い年月をかけながらも粘り強く施策を推進しなければならないこと)など、二元代表制の一方としてしっかり精査していかなければならない責任がある。29日間の長丁場であるがその責任を全うしていきたい。

|

活動報告 

 18日 今日から2月定例会目の勉強会が始まった。9時30分から5時10分まで会派総会を含め連続して勉強会を行った。財政課・総会・社会部・衛生部・生環部と続いた。仲間からまるで学校みたいだね、との声が出たくらいである。明日も9時から4時50分まで商工部・農政部・林務部・土木部・教育委員会の勉強会を行う予定である。事前勉強会は出来れば3日位で行うほうが集中力が持続できるが、お互いに地元のイベントなどがあり日程調整が難しい。どうしても2日間で済ませなければならない情況である。

 この勉強会は県議会の所属委員会の所管部局以外の部局の予算事業をより知ることが出来る。会派内で委員会の審議内容を報告し、問題の共有を図っているが、やはり全ての部局の事業・予算が自らの耳で聞くことが出来ることは大切なことである。詰め込みの点があるが専従化している県議会議員として当然の仕事(義務)でもあると思う。お互いに他の委員会の所管部局の課題について意見交換もできるので、自分が他の委員会に参加できないだけに自らの疑問点を代弁してもらえることにもなる。行き着くことは県民のためになることである。これからも大いに勉強会を続けていきたい。

|

活動報告 

 今日は久しぶりに前三重県知事で早稲田大学院教授の北川正恭氏のスカッとした講演を聞いた。内外情報調査会長野支部が主催し、「企業経営とマニフェスト」と題しての講演であった。今回初めて(?)県議会議員にも出席案内があり、14人ほどの県議会議員が出席していた。その為急遽講演の内容を変え企業者から県議会議員向けの講演内容となった。知事として旧態依然の県行政を改革した際、職員との考え方の違いに対し徹底的に議論して、職員を目覚めさした経緯などを含めて話された。トップリーダーは常識の壁をどう乗り越えていくかが大切だ、県民の立場で改革をすることが大切だとの考え方で、職員を次第に巻き込んでいった情況が手に取るように分かった。

 改革を進めるには、「気づき⇒共鳴⇒誘発⇒爆発」をトップだけでなく部下と共に実践してこそなせる。分権時代の今は「無いものねだりより、あるもの探し」の意識で、自らの立ち居値を変えて自分たちの地域の見直し、自分たちの町は自分たちでつくる考えで進めるべきだ。などと行政側の意識改革がまず必要であることを強調された。その上で二元代表制の一方である地方議会が追認議会となっている。本当にそれでよいのか、全て修正なしの議会でよいのかと、地方議会の現況を厳しく指摘した。

 議会は監視機能ももちろん必要であるが、立法機能・政策機能の強化をし、地方議会が首長より強くなることが必要だと持論を述べていた。私はその点は同じ考えである。議員が首長に質問をし、施策・姿勢を質すことは大切なことである。決して首長を憎いと思って攻撃をしているのでなく、住民のためにこうあるべきではないかとか、このように修正するべきと質問等することは、首長の間違った方向にストップをかけることが出来、首長を結果的に助けることになり、住民のための行政となるからである。県議会が「議会基本条例」の研究を始めているが、まさにこのような議会のあり方、議会の役割を明確にし、県政を活性化することも条例化しようとする理由の一つでもある。  

 企業経営者も議員も首長も改革しようとする「ものの考え方」は同じである。それは村・町・市・県、小規模企業も大企業も全て共通する。もう一度自らのおかれた立場を見つめなおし、しっかり責任と義務を果たさなければならないと、あらためて感じさせられた講演であった。

 北川正恭氏が呼びかけている「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」『せんたく』についても触れられた。このことについてはもう少し推移を注目していきたい。

|

活動報告 

 このところ読者の皆さんからコメントをいただきながら、ご返事もかけず失礼しています。いつも報告をご覧頂き、温かい激励の言葉に感謝しています。8日に頂いた中で「議員会館の見学をしたい」との質問をいただきました。遠慮なく創志会の控え室にお出かけの上、見学したい旨声をかけてください。議員がいない場合は議会事務局につなぎをとり、ご案内させていただきます。

 8日 創志会と連合長野の近藤会長らと懇談会を行った。最初にそれぞれの考え方や方針などを発表した後、意見交換をした。
連合長野は、地域の活性化がまず大切である。その為にライフサポートセンターを設置し、生活者の助けになる取組みを重視していきた。国レベルでは勤労者中心にイデオロギーカラーも強いが、長野県ではいろいろの立場の人達と枠を超えて意見交換を行っている。これからも県政に積極的に提言していきたい。と連合の考え方などの報告があった。

 意見交換の中においては、規制緩和は連合として推進してきたが、やや行き過ぎてしまっている。その為ある面では労働環境を悪くしてしまっている。人を大事にすることと、経済面で安心できる雇用が必要である。最近の若者は終身雇用を望む傾向である。連合としては安定雇用を目指す運動の展開をしている。外人労働者の雇用についての質問に、連合では結論が出ていないが相当の覚悟が必要である。文化やシステム、宗教など解決しなければならない課題が多い、と慎重な立場であることを示された。

 現況の入札制度について質問には、予定額の7割の落札で給料が払えるのか、地域に雇用が得られなくなる入札でよいのか、従業員の給料にまで影響を及ぼすような入札制度は修正してもらいたい。また、連合長野と地域との関係については、労働組合は自分勝手だと思われている面があり残念である。メーデーなどにおいて商店街が歩行者天国となり、大勢の組合員の家族等も参加されるが、商店街も敬遠しがちで非協力的であったが、自主的に商店街として参加してもらいたい、などと地域の皆さんとの乖離があるなど悩みの一旦も吐露された。

 連合としては目指すところは「人づくり」、コミュニケーションづくり、と人づくりを強調されていた。創志会の地域の課題や地域づくりなど考え方に差はないと感じた。このほかにも地域の課題解決に向けて様々な意見交換もされ、限られた時間内であったが有意義な意見交換が出来た。今後も垣根を越えた話し合いをすることによって、お互いの組織や県政に懇談の内容が反映できるものと思う。お忙しいところご参加いただいた、近藤会長、種山副会長、竹澤事務局長に感謝したい。

|

活動報告 
 長野県議会過疎・中山間地域活性化推進議員連盟の現地視察が、2月4日に岡山県庁において行われた。岡山県では平成14年に議員提案条例として、「岡山県中山間地域の振興に関する基本条例」を制定された。その条例に基づき県では「岡山県中山間地域活性化基本方針」を策定され、中山間地域の活性化を総合的・効果的に推進されている。それらについて連盟に参加している17人の議員が参加した。

 岡山県では特に農林水産業における生産活動の低下、耕作放棄地の増加、森林の荒廃、地域コミュニュティの崩壊の危機、貴重な伝統文化の消滅、過疎化・高齢化の現状は本県と同様急速に進展していた。また、交通・医療・消費生活等の日常基盤が脆弱さも顕著であった。その中山間地域は、県民生活に重要な役割である公益的機能を有する地域である、農林水産物の安定供給と水資源の涵養、県民の憩いと安らぎの交流空間、豊かな自然を背景とした定住の場としての役割と認識されていることも本県と同様であった。

 これらの現状に基づいていくつかの施策が実施されていたが、事業の進め方を見る限り決定的な処方箋となるような事業内容とは思えない部分も見受けられた。中山間地域の公益的役割は認められるものの、現況が限界集落と呼ばれるような集落環境と、狭隘な農地等で具体的な効果が期待できるような回答は得られなかったのは残念であった。しかし、中山間地域の活性化に向けて活発な事業の展開されており、本県のこれからの中山間地域に向けての施策展開に参考になった。

 6日 本日は創志会の総会を開催した。議会運営委員会から県の組織再編による県議会の委員会構成と所管部局等について、広報委員会から20年度の県議会広報の計画案等について、それぞれ報告を受け会派としての意見をまとめた。さらに、定例会前の事前勉強会等についてなどを協議した。勉強の時間割を次のように決定した。総会終了後連合長野の近藤光会長らと創志会と懇談会を行った。内容は後日報告したい。

2月定例会勉強会時間割表 
月日 時間 部課名 説明者 備考
2月18日  

 9:30~10:30  財 政 課  財政課長 黒田和彦 課長補佐兼財政企画係長他
10:40~11:40  総   会 
13:00~14:10  社 会 部  福祉政策課長 轟好人 福祉政策課企画幹課長補佐他
14:20~15:30  衛 生 部  医療政策課長 望月孝光 医療政策課企画幹課長補佐
16:00~17:10  生活環境部  環境政策課長 岩嶋敏男 環境政策課企画幹課長補佐

2月19日  

 9:00~9:20   総   会 
 9:30~10:40  商 工 部  産業政策課長 谷坂成人 産業政策課企画幹課長補佐
10:50~12:00  農 政 部  農業政策課長 小林守夫 農業政策課企画幹課長補佐
13:00~14:10  林 務 部  森林政策課長 原隆文 森林政策課企画幹課長補佐
14:20~15:30  土 木 部  土木政策課長 島田徳一 土木政策課企画幹課長補佐           15:40~16:50  教育委員会  教育総務課長  青柳郁生 
   

|

活動報告 

 2日 今日は村井知事や国会議員、地元市町村長・地権者など、大勢の関係者が参集され、中部横断自動車道の「八千穂~佐久南間の起工式が」行われた。多くの先人たちのご努力をつなぎながら、やっと念願の南佐久地域にも道路建設の槌音が聞こえることになる。現在の南佐久地域の幹線道路は国道141号のみであり、この国道が災害や事故で不通になれば、地域住民の生活はもちろん物流に大きな支障となる。以前に台風災害により国道の一部が崩落し通行出来なくなった時、大型車は茅野市を経由してきたことがある。私も県議会議員に挑戦以来、この中部横断道路の早期建設を訴え続けてきただけに、本日の起工式は感慨深いものがある。

 しかしあくまでも建設の一歩であり、八千穂インターから先の山梨県北斗市の長坂ジャンクションまでは現在基本計画路線である。この八千穂~長坂間までの34km施工命令が受けられる整備計画区間となって初めて本当の喜びとなる。本日の起工式により八千穂~佐久南間は約10年後に供用開始となる予定である。折りしも道路特定財源・暫定税率の議論が国会で激しく展開されているが、このような情況をしっかり把握され、暫定税率が5年とか10年とか単純な期限設定の問題でなく、国の道路10カ年計画に基づき財源をどうするのか建設的な議論をして、道路を必要としている地域住民の利便性を真剣に考えていただきたいものである。

 本日参加した小学6年生の主張で、「私たちが免許証を取れる時期には完成されると聞いている」との発言に、思わず参加者から賛意と思えるどよめきの声が上がった。その通りになっていただきたいものである。
いずれにしても本日は我が家でささやかではあるが、妻と二人で祝杯をあげお祝いしたい。

|