現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

決定打のない 中山間地域の施策を視察

活動報告 
 長野県議会過疎・中山間地域活性化推進議員連盟の現地視察が、2月4日に岡山県庁において行われた。岡山県では平成14年に議員提案条例として、「岡山県中山間地域の振興に関する基本条例」を制定された。その条例に基づき県では「岡山県中山間地域活性化基本方針」を策定され、中山間地域の活性化を総合的・効果的に推進されている。それらについて連盟に参加している17人の議員が参加した。

 岡山県では特に農林水産業における生産活動の低下、耕作放棄地の増加、森林の荒廃、地域コミュニュティの崩壊の危機、貴重な伝統文化の消滅、過疎化・高齢化の現状は本県と同様急速に進展していた。また、交通・医療・消費生活等の日常基盤が脆弱さも顕著であった。その中山間地域は、県民生活に重要な役割である公益的機能を有する地域である、農林水産物の安定供給と水資源の涵養、県民の憩いと安らぎの交流空間、豊かな自然を背景とした定住の場としての役割と認識されていることも本県と同様であった。

 これらの現状に基づいていくつかの施策が実施されていたが、事業の進め方を見る限り決定的な処方箋となるような事業内容とは思えない部分も見受けられた。中山間地域の公益的役割は認められるものの、現況が限界集落と呼ばれるような集落環境と、狭隘な農地等で具体的な効果が期待できるような回答は得られなかったのは残念であった。しかし、中山間地域の活性化に向けて活発な事業の展開されており、本県のこれからの中山間地域に向けての施策展開に参考になった。

 6日 本日は創志会の総会を開催した。議会運営委員会から県の組織再編による県議会の委員会構成と所管部局等について、広報委員会から20年度の県議会広報の計画案等について、それぞれ報告を受け会派としての意見をまとめた。さらに、定例会前の事前勉強会等についてなどを協議した。勉強の時間割を次のように決定した。総会終了後連合長野の近藤光会長らと創志会と懇談会を行った。内容は後日報告したい。

2月定例会勉強会時間割表 
月日 時間 部課名 説明者 備考
2月18日  

 9:30~10:30  財 政 課  財政課長 黒田和彦 課長補佐兼財政企画係長他
10:40~11:40  総   会 
13:00~14:10  社 会 部  福祉政策課長 轟好人 福祉政策課企画幹課長補佐他
14:20~15:30  衛 生 部  医療政策課長 望月孝光 医療政策課企画幹課長補佐
16:00~17:10  生活環境部  環境政策課長 岩嶋敏男 環境政策課企画幹課長補佐

2月19日  

 9:00~9:20   総   会 
 9:30~10:40  商 工 部  産業政策課長 谷坂成人 産業政策課企画幹課長補佐
10:50~12:00  農 政 部  農業政策課長 小林守夫 農業政策課企画幹課長補佐
13:00~14:10  林 務 部  森林政策課長 原隆文 森林政策課企画幹課長補佐
14:20~15:30  土 木 部  土木政策課長 島田徳一 土木政策課企画幹課長補佐           15:40~16:50  教育委員会  教育総務課長  青柳郁生