現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

過密的な勉強会が始まる

活動報告 

 18日 今日から2月定例会目の勉強会が始まった。9時30分から5時10分まで会派総会を含め連続して勉強会を行った。財政課・総会・社会部・衛生部・生環部と続いた。仲間からまるで学校みたいだね、との声が出たくらいである。明日も9時から4時50分まで商工部・農政部・林務部・土木部・教育委員会の勉強会を行う予定である。事前勉強会は出来れば3日位で行うほうが集中力が持続できるが、お互いに地元のイベントなどがあり日程調整が難しい。どうしても2日間で済ませなければならない情況である。

 この勉強会は県議会の所属委員会の所管部局以外の部局の予算事業をより知ることが出来る。会派内で委員会の審議内容を報告し、問題の共有を図っているが、やはり全ての部局の事業・予算が自らの耳で聞くことが出来ることは大切なことである。詰め込みの点があるが専従化している県議会議員として当然の仕事(義務)でもあると思う。お互いに他の委員会の所管部局の課題について意見交換もできるので、自分が他の委員会に参加できないだけに自らの疑問点を代弁してもらえることにもなる。行き着くことは県民のためになることである。これからも大いに勉強会を続けていきたい。