現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

南相木村で「森林の里」契約式が行われる

satoyamakeiyakusiki_P1010218.jpg satoyamakeiyakusiki_P1010218.jpg satoyamakeiyakusiki_P1010218.jpg 24日 今週と来週は各団体の総会が続いている。どの団体も厳しい経済環境のなかで奮闘努力されている。一日も早く安定した経済活動ができるようにしなければならない。その為にも政治に課せられた責任は大きい。
今日は南相木村で腰原副知事や轟林務部長の仲介役により、株式会社セガと南相木村とで、森林の里・契約記念式典が行われ、引き続き植樹活動も行われた。もちろん里親は株式会社セガで里子が南相木村である。

 この事業は県が進める「森林の里親促進事業」であり、県が仲介役となり、里親となる企業が村や個人に変わって森林の整備を行い、企業としては企業の社会貢献をすることによってイメージアップを図ることができ、また、社員の研修の場やリフレッシュする場となり、地域の住民の皆さんと交流を図るなど、様々なメリットが生まれてくるという事業である。多種多様な機能を持つ森林を、社会の共有の財産として今後も森林の整備に所期の目的が達成されることを期待されるものである。

佐久大学開学式典が行われる

 午後は、佐久地方では初めてとなる4年制の看護学部として、この4月に開校した佐久大学開学記念式典に出席した。医療では恵まれている佐久地域に、本格的な看護師としての人材育成の場として期待されるものである。式典の後に日本看護連盟会長の見藤隆子医学博士により、「看護のみらい」と題して記念講演が行われた。悩まれている若い看護師を自ら学ばれてきたカウンセリングする中で、自分の異常行動や間違った認識を気づかせ、見事たち直させた経験を交えての講演は、一緒に聴講した学生たちにも大きな感動と、学びの自信を与えてくれたものと思う。佐久大学が複数の学部を擁する大学を目指し、医療部門や地域の要請に応えていただくよう期待したいものである。