現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

温暖化対策・光害について:佐々木議員、農業大学の見直しについて:福島議員

 26日 一般質問3日目も8人が質問に立った。創志会では佐々木祥二議員が温暖化対策等について質問した。温暖化対策・光害については、6月は環境月間となっている。昨年12月「光害対策ガイドライン」が改定され、環境先進県としての行動指針や政策を質問しながら、終夜営業や巨大電飾ネオンなど夜間の野外証明の時間規制をするべきではないかと、自ら撮った夜の明るい写真を見せながら県の考えを質した。県としては、24時間営業などの業界等については、中期総合計画の目標値に沿って、業種・業界などと協議会を持ち特性を生かした指導をしていくと部長は応えた。

 白馬村で日本版ダボス会議の開催が検討されている。観光立県長野の再興に経済効果も高い。誘致に対する考え方と支援について質問した。
国際会議は豊富な観光資源を紹介する大きなチャンス。長野オリンピックの成功で、ローマ字の「NAGANO」は知られているので、誘致促進に努める。(観光部長)高度な産業技術のPRが出来る。経費や会場など困難な課題はあるが、経営者協会と検討し県としての役割を考えていく。(商工部長)などの答えを引き出した。

 更に、体特知が一体となった心身一如の人間教育を行う武道は、現在の教育に最も必要だが、武道教育と今後のあり方について、自ら少林寺拳法を修練している佐々木議員は、力をこめて県教育長の考えを求めた。教育長は、武道は教育効果も高い。人間力形成にも大きく貢献できる。地域の指導者の協力を得て、今後も積極的に武道教育の推進に努める、と答弁された。生涯学習における武道の普及啓発、武道振興を積極的に行うには県立の武道館が必要ではとの質問に。財政上建設は困難。既存の施設の利用を優先するが、既存施設をいかすことは工夫が必要。と知事は応えた。

 昨日の福島議員は、現地機関の見直しと農業振興について質問した。その中で現地機関の見直しは当然であるが、地域の特殊事情や県政の中長期的な目標・課題も考慮されなければならないとしながら、県農業大学の見直しについて県の考えを質した。県は松代キャンバスを農学部とし、小諸キャンバスを研修部とする考えを示した。福島議員は農大の使命は農業の担い手育成である。学習と知識及び実習の場は同じ場所が望ましい。松代より広大な実習用農地があるのに活用がされていない。もっと総合的な農業を考えるべき。と農政部長に執拗に質問していた。今後の委員会の審議が注目される。