現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

過去を思い出した、環境委員会の事案

 30日 9月定例会の一般質問が終了し、本日から委員会の審査が始まった。環境商工観光委員会の初日は環境委員会が行われた。「霧ケ峰におけるニホンジカの食害対策について」説明を受けた。電気柵の設置を行ったとの報告であった。私は思わず昨年鳥獣被害対策について一般質問したことを思い出した。

 個体数が多くなっている現況では、個体数や生息密度、群れの構造などを適切に管理する「個体群管理」をし、個体捕獲等が必要であるが、まずは生態調査が緊急課題であること。その為に初雪の頃上空から調査することが最も有効であるといわれている。林務部と協議をして上空からの調査を実施し、まず個体数の確認をしたうえで捕獲等個体数管理をするべきである。

 と質問してみたが途中から、高山植物などの食害対策といっても、方や動物保護の立場である「自然保護課」で、両方をいかせる対策とは何かと考えてしまった。やはり、ニホンジカは行動範囲も広く繁殖力はあるが、高山植物などの植生は動くことは出来ないで、ニホンジカの餌食となって絶滅となったり、景観を損ねてしまう。やはり動くニホンジカの数を減らすことが優先されるではないかと思う。本当に矛盾する現実の姿に思い知らされた。それだけに質問そのものが曖昧になってしまった。

 流域下水道維持管理費に係る債務負担行為の設定について、今定例会に補正の議案提案されている。今回千曲川流域下水道下流処理区など、性能発注方式で3年間民間委託するという内容である。ここでも100条委員会を思い出してしまった。奇しくも、その100条委員会のメンバーであった、石坂議員、平野議員、柳田議員、私と5人とも同じ委員会で、席を同じでいるのも奇遇に感じた。制度そのものは本県にとってもプラスになることであるが、制度を悪用し自分の企業だけよければ(口先は県下の業者の育成といっていたが)という者がいただけに、慎重に発注業務をしていただきたいものである。