現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

見直された高校生と青年たち


 16日 久しぶりに爽やかな高校生の姿と見識を見ることが出来た。社団法人佐久青年会議所(JC)の公開例会に参加してきた。
「佐久平高校生サミット~~輝け‼ 逞しき佐久の未来人~~」、JCの障害・まちづくり委員会の皆さんが企画し、佐久地域の高校生の皆産の協力を得て実施された。7月から準備されデスクオリエンテーションから、現状の把握、10年後の佐久平のビジョン、今何が出来るか?➯アクションプラン、アクションプランの実施と、短期間の間に精力的に活動され、その結果を堂々と本日発表された。

 グループ1の『食・農業・環境について』は、開発により農地が少なくなり、地域としての食料自給率の低下が心配などと現状の認識をされていた。10年後の佐久平未来ビジョンは、100%安全な農産物を消費者に買ってもらって安心してもらおう。地産地消・地域の農産物のブランド化などを挙げ、生産者から消費者への直接販売の検証し、消費者に安心して買ってもらえるための「生産ラベル」を制作するなど高校生自ら工夫し、北農市(北佐久農業高校の農産物直売市)や佐久穂町のまちの駅などで実験販売をした。農産物を買った人たちにアンケートをとり、消費者も産地・生産者名・顔写真・農薬名・収穫日などを明確にされた農産物を中心に買いたいとする検証結果を発表し、安心安全な農産物の生産販売を強調されていた。

 その他、少子高齢化・福祉について、地域の商業などのテーマを上げ、それぞれ現場での体験を通して見事に10年後の佐久平未来ビジョンを提言していた。三浦市長が感想の中でも触れていたが、若干問題の突込みが不足していた面もあったが、実践・体験を通しての発表は信憑性と力強さがあった。高校生も「まちづくり』は行政がやるものと思っていたので、10年後の佐久平はと問われても応えられなかった。でも体験を通して将来に夢や希望が持てるようになった。と感想を述べていたが私も何故かうれしくなった。反面県議会議員よしっかりしなさい、とお叱りを受けた感じがし心を新たにしたところである。

 佐久地域のいくつかの高校から参加され、ズボンが半分尻から落ちそうなはき方をしていた高校生もいて、いささか心配もしたが、しっかりした発表を聞いて、やはり外見でなく中味だなと、改めて知らされた高校サミットであった。折りしも高校再編が進行しているとき、このままそれぞれの高校で頑張っていって欲しいと思うが、ここは将来のビジョンをしっかり考えた上での判断をしていきたい。本日の高校生が検証してきたように・・・・・。佐久JCの諸君、あなた方こそ佐久平の将来を任せられると確信を持ちました。ご苦労様でした。