現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

議会活動と一貫性のある一般質問


 4日 一般質問3日目、創志会の政務調査会長の金子ゆかり議員が質問に立った。「諏訪湖浄化と資源循環システム構築について」「がん対策について」「児童相談所の施設整備について」「薬物汚染について」の質問を知事、各部局長および警察本部長・教育委員長に考えを質した。特に下水道終末処理場の焼却灰や、諏訪湖の浚渫土に含まれている「りん」を抽出し、循環型利用をするべきと環境部長等に県の考え方を質問した。

 環境部長は下水道終末処理場の焼却灰からの「りん」の抽出については、技術的には可能であり採算性の目途もある。しかし、諏訪湖の浚渫土については技術的に困難な面はあるとの見解を示した。金子議員はこれらの質問は、先に創志会が来年度予算及び施策について知事へ要望した中に、「本県の将来目標として6つのテーマについて優先すべき政策方針」として掲げた、「未来への投資」の一環として質問したものである。議会活動と一貫性をもった質問であり、今後、未来への投資に向けた施策に 期待できるものである。