現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

いよいよハードな勉強会が始まる

 16日 2月定例会がこの19日から3月19日までの会期で開催される。新しい年を迎え手から各種団体や機関の新年総会等を通じて意見交換をさせていただいてきた。いずれも急激に変化した経済環境に戸惑いを感じながらも、何とかこの激動する状況から脱落しないようとする気概が感じ取れた。しかし、その前途はすこぶる厳しい状況には変わりはない。その中で開催される2月定例会は、新年度の事業予算案や追加提案される補正予算案など、県民にとっても経済界にとっても21年度の生活や経営の向上に向けて極めて重要である。

 今まで様々な角度から調査活動をしてきたが、それらに加え明日からは2日間にわたり創志会において、2月定例会の事前勉強会を実施する予定である。9時から5時過ぎまでスケジュールは一杯であるが、来年度予算を中心にしっかり勉強をし、二元代表制の一方である議会の立場から、県民の皆さんの負託に応えるつもりである。この時期5月の陽気になったり真冬に戻ったり、今の国政や景気のように全く先が読みにくい、暗くいやな社会環境を一日も早く脱皮できるよう、一県議会議員の立場から努力したい。ただ、少しでも現状を改善していこうと思っても、ゼロ予算だけでは改善できない。財政の見通しも悪いだけに頭が痛いところである。