現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

警察署の再編は現地の状況を見極めるべき **一般質問**


 27日 今日から5日間にわたる一般質問が始まった。初日の今日は創志会会長の保科俶教議員と私が質問に立った。一番最後の発言者となった私は、疲れている議員や理事者の皆さんに対し、いかに質問に集中してくれるか心配であったが、何とか聞いてくれていたようであるが、少し緊張感がないやり取りとなってしまい悔やまれる。質問の工夫も今後改めていかなければならないと、反省の一般質問であった。

 私は村井知事が「81市町村が主役の県政」を目指すとして「ボイス81」と銘うって、各10地域の会場で市町村長さんから意見を聞く会を開催してきている。その行動を評価するものであるが、いかにそこで出された意見提言を県政に反映させるかが大切であると考えていた。そのために、村井知事にどのように検討され、来年度予算や施策にどのように反映されようとしてきたのか。どのような指示をしてきたのかなどを質問した。今回は佐久地域で開催されたボイス81の際、出席された市町村長さんから出された共通課題とされた「野生鳥獣問題」の意見に基づき質問した。

 野生鳥獣対策について支援策は施されているものの、まだ調査研究の段階のものも多く、緊急課題だけにスピードを持って対策にあたって頂きたいものである。ボイス81に対する意見等についても、知事がいつも強調されているように住民を主体とした施策を、迅速に対応されることが必要であることを要請したところである。

 また、県では行政改革のもとで組織再編が行われてきた。しかし、警察関係は県庁や地方事務所など現地機関の見直しと同じ考え方は異なるのではないかと思う。そのために、警察署等の組織再編について県警察本部長に考えを質した。私は、地域の治安を守るための警察署のあり方は、単に市町村合併と同じように合理性だけを求めることはいかがかと思う。市町村合併は現実に進んでおり、必然的に管轄区域と市町村の行政区域が分断されているのが現実の姿である。事件・事案がないから見直すのでなく、そこに駐在所・交番・警察署があり、警察官がいるから事件・事案がないという原点に戻り、組織再編にあたっては現地の状況をしっかり見極め、将来に禍根を残さない見直しを進めていくべきと提言させていただいた。

 更に、昨年川上に見られていたレタスの「根腐病」が小海町でも確認され、レタスの生産量が全国一の産地であり、その三分の一が佐久地域で閉めているだけに、生産安定を妨げる要因となるため、どのような対応をとるのか。また、川上村で台湾等に輸出している現況で、県ももっと農産物の輸出対策を進めるべき。知事も積極的にトップセールスするべきであると考えを質した。
根腐病については新しい品種がこの夏までには採用できるなど、改善が図られるとの答えを得て生産者にとっては朗報であり安堵したところである。

私の一般質問の全容はこちらをご覧ください