現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

議長に望月議員、副議長に高橋議員に決定


 17日 本日、下﨑保議長から辞職願が提出され、本会議において許可された。その後全員協議会において議長立候補者による所信表明会が開催され、望月雄内(自民党県議団)議員から表明がされ、午後の本会議において立候補者が一人だけとなったため、副議長が議長席に着き、指名推薦により全会一致で議長に当選し新しい議長が誕生した。
望月議員は所信表明会で、議会の運営に当たっては全議員、各会派の意見に耳を傾けて公正公平な立場で、議論の過程を明らかにしながら、議会制民主主義のルールにのっとり円満に方向を決定していく。議会の透明性の確保いついては県議会も現状に甘んじることなく、県民への積極的なアプローチや情報公開に努め議会活動の理解を求めていく。一番大事なことは「開かれた議会」の更なる構築であると考えを示した。

 望月新議長のもとに牛山好子副議長より辞職願が提出され、議長選挙と同様な手続きが踏まれ、高橋宏(創志会)議員が副議長に当選され就任された。高橋議員は所信表明会において、県民世論調査結果、県民が議会に対する不満があることに触れ、学識経験者などの知見を活用させていただき、政策立案機能の充実を図って行きたい。また、地方自治体の改正に伴い議長に「議会運営委員会」の議決を経て、臨時会の召集請求権が認められたので、諸課題に対応するため臨時議会の開催など、臨機応変に議会運営に努めてまいりたいとの表明がされた。
明日は新しい正副議長により委員会構成が行われる。