現在位置:ホーム»としみつTime'sトップ»記事別ページ

「創志会と語ろうin小諸」を開催

 26日 創志会の会派を結成して初めての「創志会と語ろうin小諸」を、小諸市ベルイン小諸で約130人の市民の皆さんの参集を得て開催した。今回は金子ゆかり議員が都合がつかず欠席したほか、全員が参加した。高橋副議長は公務のため遅れて参加された。

 「創志会と語ろうin小諸」は、地元の福島議員から県財政の情況等の報告に続き、保科会長が県議会改革について、宮本議員から長野県の観光について、向山議員から県の経済対策について、佐々木議員から森林税の活用について、小山議員から本県の教育について、私が佐久病院問題も含めて県立病院問題について、それぞれ限られた時間内で報告をさせていただいた。その後質疑の時間を取り、会場から活発な質問が出され担当の議員からお応えさせていただいた。予定した時間を30分オーバーしてしまったが、一人として帰る方もいないで「語る会」を成功裡の中で終了した。

 会の開催前に小諸駅周辺の整備された「停車場ガーデン」の現地調査を行った。この事業はまちづくり交付金を活用して整備されたものであるが、以前の小諸駅周辺を知る私にとっては、別の地区に行ったような感覚になるほど、素晴らしくおまれ変わっていた。小諸市の玄関として相応しい変わりようで、懐古園ばかりでなく周辺にも散策したくなるような雰囲気をかもし出してくれている。管理運営を「NPO法人こもろの杜」で行っているが、やはりこのような開発整備は、熱心なリーダーがいてこそできうるものと感じた。まだまだ計画が続くようであるが、計画の成功を祈るものである。